五輪のメダルは遠く…フェンシング男子韓国代表マ・セゴンは個人戦64強で敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表マ・セゴン(27)が、2020東京五輪男子フェンシングエペ個人戦64強で敗退した。

マ・セゴンは7月25日、千葉の幕張メッセBホールで行われたフェンシング男子エペ個人戦64強で、ロマン・ペトロフ(29、キルギス)に7-15で敗れた。

試合序盤、両選手は慎重な入りを見せ、虎視眈々と得点チャンスを狙った。マ・セゴンの攻撃は遅く、ペトロフに後れを取っていた。攻撃に成功しても即座に逆襲を許し、無念さの残る試合となった。第1ラウンドはペトロフが3-6でリードして終了。

(写真=聯合ニュース)マ・セゴン

マ・セゴンは第2ラウンドもペースを取り戻せず、続けて失点し、最終的に7-15で敗北することとなった。

なお11時55分からは男子エペ個人の32強戦にクォン・ヨンジュン(34)が、13時10分にはパク・サンヨン(25)の試合が行われる。

【2020東京】気になる韓国選手団の弁当の中身は?給食センターはどんなところなのか

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集