ACL初戦勝利の浦項、“最大の収穫”はブルガリア人FWタシチーの得点…次戦は名古屋と激突

2021年06月23日 サッカー #Kリーグ #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

浦項(ポハン)スティーラースの新外国人FWがようやくゴールを決めた。

【関連】浦項指揮官「ACLに強いチームも弱いチームもない」

6月22日にタイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループG第1節で、浦項はラーチャブリー(タイ)を2-0で下した。

浦項は同日ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に1-0で勝利した名古屋グランパス(日本)と勝ち点で並んだが、得失点差でグループ1位となった。

不調の外国人FWが念願のゴール

2016シーズン以来、5年ぶりとなるACLで初戦勝利に成功した。

浦項は2016年3月2日に行われたグループステージ第2節の浦和レッズ戦以来、1573日ぶりにアジアの舞台で勝利する感激を味わった。当時の浦項は1勝2分3敗の最下位でグループステージ敗退に終わっていた。

パフォーマンスは完璧ではなかったが、勝利でスタートを切れたことに意味がある。試合後、キム・ギドン監督は「どんなことも最初は大変だ。多くは見せられなかったが、初戦で勝利できたことは今後の試合に向けてプラスになる」とし、「またチームを整え、次も良い試合ができるように準備したい」と振り返った。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)キム・ギドン監督

最大の収穫は、この日ワントップで先発出場したブルガリア人FWボリス・タシチー(27)がゴールを決めたことだ。タシチーは前半10分、コロンビア人FWマヌエル・パラシオス(28)のクロスに頭で合わせ、先制点をマークした。

タシチーが流れの中でゴールを決めたのは今回が初めてだ。過去にシュトゥットガルトやザンクト・パウリでもプレーしたタシチーは、今冬の移籍市場で浦項に加入。だが、これまでKリーグ15試合に出場しながら、PKでの1ゴールにとどまるなど不調なパフォーマンスが続いていた。

キム監督はACLに備え、タシチーの適応とコンディションの引き上げに尽力した。そして今回、タシチーが初戦からキム監督の期待に応えて見せた。

タシチーは得点のほか、チームメイトとの連携や前線からのプレスでも存在感を発揮した。この活躍にはキム監督も、「外国人選手が徐々にチームの戦術に溶け込んでいる」と満足感を示した。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)タシチー

浦項は、攻撃の中核を担うFWソン・ミンギュ(21)がU-24韓国代表招集のため今回のグループステージを戦うメンバーから外れた。ラーチャブリー戦では両サイドのFWイム・サンヒョプ(32)とパラシオスが軽い身のこなしを見せたが、フィニッシュに物足りなさを残した。

ひとまず好調な出だしを切った。次戦は25日に名古屋と激突するが、タシチーが新たなフィニッシャーとして浦項を勝利に導けるか注目したい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集