元横浜DeNAベイスターズのジョー・ウィーランドが感じた日韓プロ野球の“違い”

このエントリーをはてなブックマークに追加

KIAタイガースの新外国人投手ジョー・ウィーランドは、韓国進出の直前まで、日本の横浜DeNAベイスターズで2シーズンを過ごした。

KIAのコーチングスタッフは、ウィーランドがすでにアジアの野球を経験しているだけに、韓国にもすぐに適応すると期待している。ウィーランドもまた、日本での不振から脱却し、韓国で復活したいという意志が強い。

ウィーランドは沖縄で行われているスプリングキャンプで、価値のある時間を過ごした。自分の古巣である横浜を相手に登板したのだ。

試合前、ウィーランドを知る横浜ファンが彼のもとに集まり、写真とサインを求めるシーンもあった。ウィーランドも笑ってファンに応えた。

横浜ファンと写真を撮るウィーランド

昔のチームメイトとも明るく挨拶したウィーランドだが、試合では少しも譲歩のないピッチングを見せた。現地を訪れた横浜ファンも、相手チームであるウィーランドに惜しみない拍手を送った。

ウィーランドは「横浜にいたときに応援してくれたファンが多かった。“彼らのためにプレーしているんだ”という気持ちにさせてくれたファンたちがいて、私には良い思い出として残っている」と感謝を伝えた。

【取材裏話】巨人の原監督による特別レッスン、キム・ギテ監督だから実現した!!

またウィーランドは横浜の関係者から、昨シーズンを振り返るドキュメンタリー品を手渡された。思い出が詰まったギフトだ。「昨年は良いシーズンではなかったので、自分が出てくるかわからない」と冗談を口にしたウィーランドだが、受け取ったものを大切にすると話した。

KIAタイガースで復活を図るウィーランド

日韓プロ野球の違いは?

日本を後にし、今年から韓国で新たな挑戦を始めるウィーランドは、緊張よりも期待感を抱いている。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事