U-20W杯で“死の組”に入った韓国。思い出される2年前の“悪夢”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2年前の“死の組”の悪夢が思い出された。

チョン・ジョンヨン監督率いるU-20韓国代表が、今年5月にポーランドで行われるU-20ワールドカップで最悪の組に入った。

FIFAは2月25日、ポーランド・グディニャでU-20ワールドカップの組み合わせ抽選会を行った。

計24カ国の運命が決まるなか、第2グループに割り当てられた韓国は、ポルトガル、アルゼンチン、南アフリカが属するF組に入った。韓国の立場からすれば、最悪の結果だ。

韓国イ・スンウの意外な素顔「久保建英は僕の競争相手ではない」

ポルトガルは、同大会で2度も優勝した伝統ある強豪だ。またアルゼンチンは南米最強チームで、同大会を6度も制している。今回の南米予選でも準優勝した。これ以上、説明の必要がないチームだ。

南アフリカも同大会で伝統的に強さを見せてきたチーム。アフリカ予選3位でポーランド行きのチケットを手にした。

韓国は第3グループでホンジュラス、第4グループでパナマやタヒチが同組になることを期待していた。今大会のグループリーグは、24カ国が4チームずつ6組に分かれて行われ、各組の1、2位だけでなく、3位の中でも成績の良い4チームがベスト16に進むからだ。

1勝1分1敗ならばベスト16進出が堅いと考えると、北中米やオセアニア大陸のチームが1勝を収める相手として適していた。

しかし、欧州と南米、アフリカの有名なチームと対戦することになった。いばらの道となることが予想される。

思い出される2年前の“悪夢”

韓国は開催国の資格で参加した2年前のU-20ワールドカップでも、似たような組み合わせ抽選の結果となった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集