サッカー日韓戦が3月の国際Aマッチ期間に実現か? 複数の韓国メディアが可能性報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月のAマッチ期間に、日本と韓国による国際親善試合が実現するかもしれない。『スポーツ東亜』や『中央日報』など、複数の韓国メディアが報じている。

これらのメディアによると、日本サッカー協会が(JFA)が韓国サッカー協会(KFA)に、3月の国際Aマッチ期間中の親善試合開催を打診したという。JFAは日本での開催を前提に提案したとされている。

仮に実現すれば、国際親善試合での“日韓戦”は去る2011年8月のキリンチャレンジカップ2011以来、約10年ぶりだ。当時は香川真司の2ゴールなどで、日本が3-0で勝利を収めていた。

なお、国際大会では2019年12月のE-1サッカー選手権決勝(1-0で韓国が勝利)が最後の対戦となっている。

2019年12月のE-1サッカー選手権決勝で激突した日本と韓国

本来、3月のAマッチ期間には2022年カタールW杯アジア2次予選が行われる予定だった。しかし、アジアサッカー連盟(AFC)が新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮し、日程を6月に延期。このため、日韓両国は3月のAマッチ期間に空白が生じていた。

ただ、開催に向けてクリアしなければならない課題も存在する。もし韓国代表が日本に入国し、親善試合を戦えたとしても、帰国後の隔離期間が待っているからだ。

韓国はよほど特殊なケースがない限り、帰国後に例外なく一定期間の隔離期間を過ごさなければならない。実際、先月にはクラブワールドカップに出場した蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)が、カタールから帰国後に7日間のコホート隔離(集団隔離)を行っていた。これらの課題を解決すべく、KFAは現在、韓国政府の文化体育観光部と議論を進めていると伝えられている。

新型コロナによる困難もあるなか、果たして10年ぶりの日韓戦は実現するのだろうか。今後の動向に注目したい。

【関連】「彼こそ日本サッカーの象徴」韓国代表監督と熟練記者たちが語る“本田圭佑”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集