「彼こそ日本サッカーの象徴」韓国代表監督と熟練記者たちが語る“本田圭佑”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジル1部リーグのボタフォゴへの入団が決まった本田圭祐。そのことは韓国でも詳しく報じられている。

「今度は南米…日本サッカーのスター本田、ブラジルのボタフォゴに入団」(『聯合ニュース』)、「日本の本田の新しい挑戦、ブラジルのボタフォゴ入団」(『スポーツ京郷』)などだ。

何かにつけて日本サッカーをライバル視する韓国メディアだが、本田圭佑だけは以前から不思議と評価が高いのだ。

例えば2010年ワールドカップ直前。岡田武史監督率いる日本代表は大会直前に韓国代表と対戦して0-2で敗れたが、取材した韓国記者の多くが、まだブレイク前の本田を最も印象的な選手の1人に挙げていた。

【写真】本田にも注目!?韓国サッカー界の美しき“女神サポ”たち

例えばサッカー専門誌『FOUR FOUR TWO KOREA』チョン・スチャン記者は言っていた。

「ワールドカップでは個々の意外性や積極性がゴールを生み出すことがある。そういう意味では、今の日本でそんな意外性を生み出すことができるのは本田圭佑だろう。

チームのバランスを崩すこともあるかもしれないが、彼の長所を積極的に引き出すことができれば日本に勝機が生まれるのではないか」

(写真提供=AFP/アフロ)本田圭佑

当時のサッカー専門誌『月刊ベストイレブン』の編集長で、現在はネットメディアで活躍するイム・ソンイル記者も、本田には期待を寄せていた。

「アジア最終予選ではそれほど多くの時間プレーできたわけではないらしいが、所属するCSKAでヨーロッパ・チャンピオンズリーグなどを経験したせいか、若いながらも自信にあふれてプレーしているという印象を受けた。

岡田監督が本大会でどのように起用するかはわからないが、重要なキーパーソンになるだろう」

この記者の予言通り、本田は南アフリカW杯でブレイク。その本田を中心とする日本代表に、韓国代表は2010年10月、2011年1月、2011年8月と3度対戦するが、一度も勝てなかった。

韓国代表監督も大絶賛「本田が初めてだ」

当時、韓国記者たちは本田のことをこう評価していた。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集