韓国では『キャプテン翼』を凌ぐ人気サッカー漫画『シュットリ』の真実とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のサッカー漫画の代表作といえば『週刊少年ジャンプ』で連載された『キャプテン翼』だろう。

日本では今でもロングランヒットを誇り、世界各地でも翻訳出版され、アニメに至っては世界100カ国以上で放映されている。

アレッサンドロ・デルピエロ、フランェスコ・トッティ、リオネル・メッシなども『キャプテン翼』のファンで、現在はJリーグのヴィッセル神戸でプレーしているルーカス・ポドルスキやアンドレス・イニエスタも『キャブテン翼』に憧れたという。

ただ、韓国では『キャブテン翼』のファンは少ない。韓国でも『キャプテン翼』は『ナルアラ(翔べ)、キャプテン』というタイトルで、1996~1998年にソウル文化社から翻訳出版されているが、大ヒットすることはなかった。

(注目記事:ソン・フンミンが私生活を公開、オヤジギャグも披露。その意外な姿とは?

韓国でサッカー漫画といえば、『蹴球王シュットリ』である。1993年から韓国のテレビ放送局SBSで放送されたアニメ番組で、当時は1994年アメリカW杯のアジア予選最中だったこともあって高視聴率を誇った。

韓国SBSで放映された『蹴球王シュットリ』

韓国人も知らない人が多い「シュットリ」の真実

この『シュットリ』に影響されてサッカーを始めたというKリーガーも多い。まさに韓国の『キャプ翼』なのだ。

では、どんなストーリーなのか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集