元ガンバ大阪ファン・ウィジョが好調!持ち味のオフ・ザ・ボールの動きでボルドーの攻撃けん引

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表FWファン・ウィジョ(28、ボルドー)の好調ぶりが続いている。

【写真】ファン・ウィジョの意外な“ミリタリー姿”

ファン・ウィジョは1月17日に行われたリーグ・アン第20節ニース戦に先発出場し、チームの3-0の勝利に貢献した。2連勝に成功したボルドーは勝ち点を「29」とし、順位を10位から8位へと引き上げた。

この試合、ファン・ウィジョはセンターフォワードのポジションで起用されると、開始序盤から積極的な動きでニースのDFを突いた。

前半はノーゴールに終わったが、後半序盤に先制点を決めた。ファン・ウィジョは後半5分、右サイドを突破したヤシン・アドリ(20)が放ったグラウンダー性のクロスをゴール前で押し込んだ。相手DFの間を縫い、右足で蹴りこんだシーズン3ゴール目だった。

ファン・ウィジョ

去る1月10日に行われた前節のロリアン戦でリーグ2アシスト目を挙げたファン・ウィジョは、2試合連続攻撃ポイント(ゴール+アシスト)に成功。絶妙な動きで相手の守備を混乱させ、完璧なタイミングでクロスに合わせて、得点を生み出した。

ファン・ウィジョ特有のオフ・ザ・ボールの動きは、得点シーン以外でも目立った。後半17分には相手GKとの1対1を迎え、追加点のチャンスを得たが、左足で放ったシュートは惜しくも相手GKに阻まれた。自身の役割をまっとうしたファン・ウィジョは、後半39分にディレーン・バクワ(18)との交代でピッチを退いた。

第15節サンテティエンヌ戦でシーズン初ゴールを決めて以降、ジャン=ルイ・ガセ監督はファン・ウィジョをセンターフォワードで起用し続けている。それに対し、ファン・ウィジョは直近6試合で3ゴール1アシストと結果で応えて見せた。

ドリブル突破やクロス供給に努めていたサイドアタッカーのファン・ウィジョとはまったく違う姿だ。欧州2年目を過ごすファン・ウィジョが、自らのパフォーマンスで期待に応えている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集