欧州記者も称賛したファンとG大阪サポの関係とは?「日本は活躍した選手を忘れない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグのガンバ大阪を経て、フランス・リーグ1に挑戦しているファン・ウィジョ(ジロンダン・ボルドー)に対する日本のサッカーファンたちの関心は相変わらずだ。

クラブ関連ウェブサイト『ウェブジロンダン』では、シーズン決算記事とともに移籍したファン・ウィジョに関して報じた。

欧州のJリーグ専門家として知られるリオネル・ピケ記者は「日本人がファン・ウィジョのユニホームを買うためにボルドーをたくさん訪れた」と伝えた。

【関連】日本のコロナ深刻で韓国人Jリーガーたちは今、どこでどうしているのか

ファン・ウィジョは2017年夏から2年間、Jリーグのガンバ大阪で活躍した。チームのストライカーとして活躍し、フランス挑戦の機会をつかむことができた。 

ファン・ウィジョは今季、ボルドーで6ゴールを決めてチーム内得点2位になった。多くの試合に出場し、リーグ1に軟着陸した姿を見せたファン・ウィジョ。惜しくもリーグ1のシーズンは早期終了してしまったが、ファン・ウィジョは次のシーズンもボルドーでプレーする。

(写真提供=AFP/アフロ)

前出のピケ記者は「日本ではクラブで活躍すると、ファンはその選手を忘れられない。それで多くのガンバ大阪のファンがファン・ウィジョを見るためにボルドーまで来たはずだ」とし、「ファン・ウィジョの得点ニュースは日本にすぐに伝わる。彼のために多くの日本ファンがユニホームを購入した」と説明した。

ピケ記者はファン・ウィジョについて「申し分ないし、素晴らしい選手だ。彼はケガをした時も、身を挺して相手とやり合っている姿を見たことがある」とし、積極的なプレーに対して高い点数を与えた。

ファン・ウィジョは最近、韓国に帰国。自家隔離期間を経た後、論山(ノンサン)の陸軍訓練所に入所する予定だ。 

満28歳のファン・ウィジョは兵役法上、年内に基礎軍事訓練を消化しなければならない。 当初、今年5月第2週に帰国し、軍事訓練を受ける予定だったが、全世界を襲った新型コロナウイルスの影響でフランス・リーグ1が早期終了し、日程を繰り上げた。

Copyright @ 2018 Sportsseoul JAPAN All rights reserved.

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集