シント=トロイデンで苦しむ“韓国のメッシ”にバルサ下部組織時代の同僚がエール送る!【現地取材】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ワールドカップは誰もが出られるものではない。これからもっとやれるだろう」

【写真】韓国の美しすぎる“スポーツ女子アナ”を一挙紹介!!

ペク・スンホ(22・ダルムシュタット)が、バルセロナの下部組織でともに過ごし世代別代表でもプレーしたイ・スンウ(22・シント=トロイデン)にエールを送った。

ドイツ2部リーグの2.ブンデスリーガを戦うダルムシュタットで着実な成長を遂げているペク・スンホが、ホームスタジアムのメルク・アム・ベーレンファルターで取材陣のインタビューに応じた。

ペク・スンホは「皆さんがご存じの通り、イ・スンウは実力のある選手だ。これからもっとやれるはずだ」と同僚を称賛した。

ペク・スンホ

今シーズン、ここまでリーグ18試合1得点とダルムシュタットの主力選手として定着しているペク・スンホと異なり、イ・スンウは苦戦を強いられている。イ・スンウは昨夏にイタリア・セリエAのエラス・ヴェローナからベルギーに舞台を移し、欧州リーグ生き残りに挑んだが、出場機会を得られず苦しんでいる。

それでも、後半戦を前に新たに就任したミロス・コスティッチ監督の下、再び輝きを取り戻すための土台を築いている。2月18日(日本時間)、ベルギー・ファースト・ディビジョンB(2部)のウェステルローとの練習試合で決勝弾を挙げたイ・スンウは、2月24日のリーグ第27節ヘント戦で途中出場し、60日ぶりにリーグの舞台を踏んだ。

さらには2月29日の第28節メヘレン戦で、シント=トロイデン加入後初のフル出場を果たしたイ・スンウ。まだ実戦感覚を向上させる段階であるため100%のスキルを発揮できているわけではないが、イ・スンウ特有の機敏な身のこなしを披露している。

2016年、U-19韓国代表時代のペク・スンホ(写真左)とイ・スンウ

幼いころから誰よりも近いところでイ・スンウを見てきたペク・スンホは、確信に満ちた表情でこう話した。

「ワールドカップは誰もが出られるものではないが、イ・スンウは(2018年ロシアW杯で)プレーした経験がある。セリエAでの経験も無駄ではない。今、いい姿を再び見せつつある。チャンスはたくさんあると思うし、うまくいくだろう」

かつて“韓国のメッシ”と呼ばれながら、その活躍が影をひそめてしまったイ・スンウ。同僚のエールを受け、再び輝きを取り戻すことができるだろうか。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集