「真っ黒だろう」発売5カ月延期の“折りたたみスマホ”、サムスン側が胸中明かす

2019年08月08日 社会 #サムスン
このエントリーをはてなブックマークに追加

サムスン電子のコ・ドンジン情報技術&モバイル(IM)部門長が、リリースが数カ月延期されている“折りたたみスマホ”「ギャラクシーフォールド」について、「胸の内を開いて見せることができるのであれば、真っ黒になっているだろう」と心境を伝えた。

コ氏は8月7日(現地時間)、「サムスンギャラクシーアンパック2019」行事を終えた後、米ニューヨークのホテルで行われた記者懇談会で、このように述べた。

【関連】“ホワイト国除外”…サムスンやLGの悩み増える

これはギャラクシーフォールドがデザイン上の一部の問題によって、予定していた4月発売が5カ月ほど延期されたことについての感想を明らかにしたものだ。

コ氏は「新しい製品を作るとき、革新的なことをするときは、わからないことが数多く出てくる」とし、「開発者の話を信頼して意見を聞くことが重要である」と述べた。また一部から出ている「時間に追われて発売を急いだ」という指摘は、間違っているとも伝えた。

サムスン電子、コ・ドンジン情報技術&モバイル(IM)部門長

特にコ氏はギャラクシーフォールドの生産と関連し、「物量が多くないはず」という声に対して、「ローンチ準備当時100万台を予想したし、これをグローバルに分けると実際に限定された数量」と述べた。

続けて「現在は当時よりもさらに数量が減少した」とし、問題となったディスプレイなどのデザイン変更や発売日程などをその理由に挙げた。

それとともに「ギャラクシーフォールドの(今年の販売は)100万台に満たないと思われるし、韓国を含めて20カ国ほどにリリースされるので、限られた数量が限定された国家にいくしかないだろう」と述べた。

ギャラクシーフォールドは9月中に、いくつかの国で発売される予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事