韓国ではコロナ新規感染者が20日ぶりに5000人台突破…オミクロン株の拡大止まらず

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国では新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が広がり、1月19日までに新規感染者数が5000人台後半に急増した。

【関連】「K-防疫は地獄、抗争だ」韓国政府に“痛烈批判”

中央防疫対策本部は同日0時基準で、新規感染者が5805人増え、累計感染者数が70万5902人となったと発表した。

新規感染者数は前日の4071人(当初の発表の4072人から訂正)より1734人も増えた。

この日の新規感染者数は、1週間前の12日(4383人)より1422人多く、2週間前の5日(4441人)より1364人多い。

新規感染者数が5000人台を記録したのは、昨年12月30日(5034人)以来20日ぶりのことだ。

防疫当局は、オミクロン株の拡散速度が既存のデルタ株より2~3倍速く、今後感染者がさらに増加する可能性があると見ている。

韓国のコロナ検査の様子

前週基準で26.7%だったオミクロン株の検出率が週末には50%を超えたことから、韓国国内ではオミクロン株がデルタ株を抜き、優勢種となると予想されている。

政府は感染者数が5000人を超えた場合は短期で感染者が急増する可能性があると見て、「オミクロン対応段階」への転換を準備する。一日の感染者数が7000人を超えれば、直ちに「オミクロン対応段階」の措置を施行する。

「オミクロン対応段階」では、病院・医院で本格的に新型コロナ検査・診療を行い、PCR検査にも優先順位を設け、65歳以上の高齢層から実施する。感染者の隔離期間は10日から7日に短縮される。

感染者数が急増している一方、重症者数は依然として減少傾向が続いている。同日の重症者数は532人で、前日(542人)よりも11人減少し、3日連続で500人台と集計された。

ただ、死亡者数は74人で、前日(45人)よりも大幅に増加し、累計6452人となった。累計致命率は0.91%となっている。

日本での“オミクロン株”確認に韓国反応「隣接国として…」

北朝鮮の新型コロナ感染者、“衝撃の正体”…脱北者で強姦の容疑の過去も

韓国で防疫パスが解除された経緯とは?日々変わる韓国政府の指針に国民は混乱

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集