またしても過去最少を更新…韓国の2月の出生数は2万5700人に

2019年04月26日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で2月に生まれた子供の数(出生数)が過去最少を記録した。

韓国統計庁が4月24日発表した人口動向報告書によると、今年2月の出生数は前年同月より1900人(6.9%)減少した2万5700人。2月の出生数として、1981年の集計開始以来、最も少なかった。

出生数は季節や月の評価の影響を受けるため、一般的に前年同月と比較する。前年同月比の出生数は、2015年12月から39カ月連続で減少した。

韓国統計庁「2019年2月人口動向」

子供を産む主な年齢層である30~34歳の女性人口が継続して減少し、婚姻件数も減っていることが影響していると見られる。

2月の婚姻件数は1万8200件で、前年同月より800件(4.2%)減少した。2月の婚姻件数も、過去最少を記録した。前年同月比婚姻件数は、昨年11月以降、4カ月連続で減少。1000人当たりの婚姻件数を意味する婚姻率は、4.6だった。

【関連】50年後の韓国が危ない…急激な少子高齢化で「15~64歳の人口」は半分以下に

統計庁の関係者は、「25~34歳の人口が減少していることが影響した」とし「婚姻は申告基準。今年の2月は、旧正月連休で区役所などの申告可能営業日が前年2月よりも、一日少なかった。それも一因だ」と説明した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事