韓国で新型コロナウイルスの管理指標が改善も…“感染経路不明者”の割合は増加

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ2週間、地域社会で新型コロナの新規感染者数が大幅に減少するなど、韓国における新型コロナの管理指標が改善されていることがわかった。

しかし感染経路を知ることができない“感染経路不明者”の割合が高まり、ソウルなど首都圏の教会やレストラン、カフェなどを通じた小規模集団感染も発生しており、楽観視することはできない。

【画像】韓国女性議員がピンク色ワンピースで国会に出席して大騒動

8月9日、韓国中央災害安全対策本部によると、7月26日から8月8日までの2週間、韓国で報告された一日当たりの平均新規感染者数は12.1人で、直前の2週間(7月12~25日)の19.9人に比べて、7.8人も減った。首都圏だけで見れば、15.4人から10.2人となり、5.2人減少した。

最近2週間で新たに報告された集団感染の件数は8件で、直前の2週間(9件)より1件減少した。

経路不明の感染者の割合が増加

新規感染者のうち、既存の感染者に接触した者など、隔離状態で感染が確認された人の割合を意味する「防疫網内管理の比率」は、韓国政府の目標値である80%を超えた。

ここ2週間の海外流入による一日当たりの平均新規感染者数は21.4人で、直前の2週間31.4人に比べて10人減少した。防疫強化対象国(6カ国)指定など、海外からの入国者に対する防疫管理を一層強化した結果と思われる。

特にバングラデシュなど防疫強化対象6カ国から韓国に入国する外国人に、出発日基準48時間以内に発行された「陰性確認書」を義務的に提出するようにさせた7月13日から、外国人感染者数が目に見えて減少した。一日当たりの平均海外流入外国人感染者数を見ると、21人(7月1~12日)、16人(7月13~19日)、5人(7月20日~8月6日)と減少傾向を示した。

上記の通り、ほとんどの新型コロナ管理指標が改善したが、“感染経路不明”な感染者の割合は、最近2週間8.5%(感染者470人中40人)で、直前の2週間6.4%(感染者719人中46人)に比べて高くなった。

韓国中央災害安全対策本部パク・ヌンフ1次長(保健福祉部長官)は、「教会では以前のような集団感染が再び発生しており、非常に懸念している」とし、「宗教行事中は必ずマスクを着用し、団体での食事は避けるなど防疫上の注意を自律的に準拠してほしい」と強調した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集