“n番の部屋”事件の容疑者、顔写真など個人情報が公開される…韓国で初めての事例

2020年03月24日 社会 #n番の部屋事件
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国警察が、“n番の部屋”事件で最も悪質とされる“博士の部屋”を運営していたチョ・ジュビンの個人情報を公開した。

性暴行犯罪の処罰などに関する特例法を適用し、被疑者の個人情報が公開されたのは今回が初めてだ。

【注目】韓国に激震を与えている“n番の部屋”事件とは?

現在、韓国で大問題となっている“n番の部屋”事件とは、女性を脅して撮影したわいせつ画像を数十万人がSNSで共有していた事件のこと。組織的なデジタル性犯罪で、20万人以上の有料会員がいたという。被害女性は未成年者を含む70人以上に上る。

チョ・ジュビンはアルバイトなどと称して女性を募集し、応募時点で個人情報や顔が映ったわいせつな画像を受け取り、それを口実に脅し、さらに過激な動画を撮影させたとされる。そのわいせつ物をチャットルーム“博士の部屋”に流布した疑い(児童・青少年の性保護に関する法律違反など)で、3月19日に警察に逮捕された。

「犯罪があまりに重大」

ソウル地方警察庁は3月24日午後、警察官3人と外部委員4人で構成された「個人情報公開審議委員会」を開き、チョ・ジュビンの名前、年齢、顔写真などの個人情報を公開することを決定した。

同審議委員会は、「被疑者の人権や家族、周囲の人が被る2次被害などを十分に検討した」としながらも、「被疑者が不特定多数の女性を“奴隷”と呼び、脅迫してわいせつ映像を手に入れて流布するなど、犯行手口が悪質かつ計画的であり、さらに児童・青少年を含めて被害者が70人に上るなど犯罪が重大である」ことから、個人情報を公開すると明かした。

(写真提供=ソウル地方警察庁)チョ・ジュビン

現行の性暴力処罰法は、被疑者が罪を犯したと信頼できる十分な証拠があり、国民の知る権利の保障、被疑者の再犯防止や犯罪予防など公共の利益のために必要な場合、被疑者の個人情報を開示することができると規定している。

チョ・ジュビンにはその規定が適用され、初めて個人情報の公開が決定した。

年齢は満24歳。警察は、チョ・ジュビンの過去の顔写真も公開した。

チョ・ジュビンの現在の写真は、3月25日午前、ソウル鍾路警察署から送致する過程でメディアに公開される予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事