“ノーブラ生放送”の女子アナ、自身への中傷を一蹴「正誤を強要した覚えはない」

2020年02月20日 話題 #女子アナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ノー(No)ブラジャー」の状態でテレビの生放送を行い、話題を集めた韓国MBC女子アナウンサーのイム・ヒョンジュが2月19日、自身のインスタグラムを更新。「君はどっち?という問いに対して」と題した長文を投稿した。

【関連】人気女子アナがノーブラ生放送の事実を告白「勇気が必要だった」

「意見を述べただけなのに『君はどっち?』と聞かれる。『だったら君はこれも、あれもそう思うのか?』と推測される。特定のワードで儲けようとする人々も出てくる。興味はないと言うくせに、興味を作り出す。順番が間違っている。私はどちらかに立って話したのではなく、ただ自分の疑問点からスタートしたまで。何が正しくて何が間違っているかを強要した覚えはない。受け入れるかどうかは、それもまた各自の選択だ」

イム・ヒョンジュはまた、「大丈夫かと心配する連絡をたくさんもらった。頭ごなしに非難するコメントに傷付かないで、と。ありがとうという応援も。私は自分でも驚くほど大丈夫だ」と明かしている。

インスタグラムなどに多数寄せられている中傷コメントについては、「匿名に頼った冷やかしには全く動じない。一度のミスは理解できるが、今後も続くようなら断固として対処する。大義のために」と、法的対応を示唆した。

イム・ヒョンジュはこのほど、「人間にとってブラジャーは絶対必要なのか?」というテーマで放送されたMBCドキュメンタリー番組『シリーズM』の「ノーブラ・チャレンジ」の参加者として「ノーブラDay」を体験。その一環として自身がキャスターを務める情報番組『生放送 今日の朝』にもノーブラ姿で出演し、話題を集めた。

(写真=イム・ヒョンジュのInstagram)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集