映画『パラサイト』の出演者でもないのに…受賞パーティーに参加した女優が炎上

2020年02月12日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『パラサイト 半地下の家族』のアカデミー賞祝賀パーティーに出席した女優イ・ハニのSNSが炎上し、謝罪文が掲載された。

現在、炎上した投稿はすべて削除されている。

【写真】「韓国で最も美しい女優」がイ・ハニに送ったメッセージ

イ・ハニは2月11日、自身のインスタグラムに「先輩、同僚たちを祝いたい気持ちで公開した投稿に、気分を害した方がいらしたら、申し訳ありません」という内容の謝罪文を掲載した。

先立ってイ・ハニは、米ロサンゼルスで行われた『パラサイト』の受賞祝賀パーティーに参加し、そのときの写真を上げている。

イ・ハニは「私が生きている間にオスカー作品賞、監督賞の4冠を見ることになるなんて。LAで一緒に応援することができ、本当に嬉しいです! 韓国映画、忠武路(チュンムロ)万歳!」とのコメントとともに、トロフィーを手にした写真などを公開した。

続いて「LAで祝うことができて嬉しい。とても誇らしい。この瞬間を祝って、楽しむ」などと付け加えた。

イ・ハニがSNSに公開した写真

しかし、これを見た一部のネットユーザーが『パラサイト』の出演者でもないにもかかわらず、イ・ハニが祝賀パーティーに参加したことに対して、不快な立場を表わした。

彼らは「なぜ出演者でもないのにパーティーに参加するのか」「すべて用意された『パラサイト』のパーティーに、スプーンだけ持っていった」などと、不満を述べた。

するとイ・ハニは、「個人の感激を故国の方々と一緒に分け合いたいという思いが先立った。韓国映画の歴史を作った方々に十分なお祝いや栄光があることを願って、そのすべての労苦に頭を下げて賛辞を送ります。良い一日を過ごしてください!」と釈明し、記事を削除した。

他のネットユーザーは、「なぜ謝罪をするのか。良いことは分け合って、一緒にお祝いすればいいのに」「イ・ハニ氏の写真を見たけど、私はうれしかった」「嬉しい気持ちは分け合うべき」などとコメントを残して、イ・ハニを応援した。

イ・ハニ

なおポン・ジュノ監督の映画『パラサイト』は、第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4冠に輝く快挙を成し遂げた。

◇イ・ハニ プロフィール

1983年3月2日生まれ。2006年のミス・コリア優勝者。2009年に放送された『パートナー』(KBS)で女優デビューし、その後も多彩なドラマ作品を通じて存在感を見せてきた。特に、2017年に放送された時代劇ドラマ『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』では、主人公の運命の恋の相手チャン・ノクスを熱演。歴史上では「朝鮮三大悪女」の一人として知られる人物だが、劇中でイ・ハニが見せた情熱的な美女の姿は大きな反響を得た。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集