女優パク・ミニョン主演の新ドラマ、癒しのキャラクタービジュアル公開!

2020年01月28日 テレビ #写真 #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2月放送予定の韓国JTBC新ドラマ『天気が良ければ伺います』(原題)のキャラクタービジュアルが公開された。

【写真】女優パク・ミニョン、注目の新ドラマで感受性豊かなヒロイン役

本作は、ソウルでの生活に疲れて田舎に引っ越したモク・ヘウォン(演者パク・ミニョン)が、個人書店を営むイム・ウンソプ(演者ソ・ガンジュン)に出会って徐々に心を開いていく、心温まるラブストーリー。

『キム秘書はいったい、なぜ?』知られる女優パク・ミニョンと、人気上昇中の若手俳優ソ・ガンジュンが共演することで期待を集めている。

1月28日に公開されたキービジュアルには、雪に触れながら優しく笑っているパク・ミニョンと、本を持って穏やかな眼差しで遠くを見つめるソ・ガンジュンの姿が写っている。

パク・ミニョン扮するへウォンは表向きは冷たくても、本当は明るくて優しく、人の温もりを求めているキャラクターであることがうかがえる。

一方、ソ・ガンジュン扮するウンソプは、ずっと想っていたへウォンと再会することで大きな変化を迎えるキャラクター。彼が今度こそ勇気を出すかどうか、興味が集まるところだ。

心が和む2人のビジュアルによって、2人が描くラブストーリーにも期待が高まる。

パク・ミニョンとソ・ガンジュンが新しい魅力を発揮する『天気が良ければ伺います』は、韓国JTBCにて2月放送開始。

(写真提供=JTBC)

◇パク・ミニョン プロフィール

1986年3月4日生まれ。2005年にテレビCMで芸能界入りし、2006年放送のドラマ『思いっきりハイキック!』の出演で顔を知られた。男装のヒロインを務めた『トキメキ☆成均館スキャンダル』でブレイクし、その後も『シティーハンター in Seoul』や時代劇『七日の王妃』といったドラマ作品で優れたビジュアルと演技力を発揮。特に2018年に放送された『キム秘書はいったい、なぜ?』は日本でも大きな人気を得た。

◇ソ・ガンジュン プロフィール

1993年10月12日生まれ。2012年のドラマ『紳士の品格』で俳優業をスタート。主な主演作は『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』『君も人間か?』(原題)、『第3の魅力~終わらない恋の始まり~』『WATCHER』(原題)など。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集