リル・ナズ・XとコラボするBTSのグラミー賞出演はどう評価すべきか

2020年01月24日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)が第62回グラミー賞で公演する。

音楽界の最高権威を誇るグラミー賞で、韓国歌手が公演するのは史上初めてだ。BTSは昨年第61回グラミー賞授賞式に出席したのに続き、今年は出演者として2年連続でグラミー賞の舞台を踏むことになった。

【写真】知ってた?BTSが音楽賞で“お茶目な”お祭り感を披露して話題

グラミー賞側は1月23日(ロサンゼルス現地時間)、ホームページを通じて「BTSが来る26日、アメリカのロサンゼルスで行われるグラミー賞授賞式に出演者(Performer)として参加する」と公式発表した。

カントリー歌手のビリー・レイ・サイラス、ラッパーのリル・ナズ・XとともにBTS、Diplo、メイソン・ラムジー、そして他のサプライズゲストたちが「オールド・タウン・ロード・オールスターズ」(Old Town Road All-Stars)として、コラボレーションするという。

オールド・タウン・ロード・オールスターズの公演は、今年の授賞式に設けられた2つの特別コーナー(specialsegments)の1つだ。リル・ナズ・Xの曲『オールド・タウン・ロード』はビルボードのシングルチャートで19週間1位を獲得した曲で、多くのミュージシャンとの協業バージョンで話題になった。

(写真提供=Big Hitエンターテインメント)BTS

BTSのリーダーであるRMも2019年7月、“ソウル・タウン・ロード”(Seoul Town Road)をリズ・ナル・Xと一緒に発表したことがある。

BTSは昨年、韓国歌手として初めてグラミー賞に公式招待され、授賞式のプレゼンターとして舞台に立った。ベストR&Bアルバム部門のプレゼンターを務めたが、「(この場に)また戻ってくる」と挑戦意志も示した。

メンバーたちは当時のビハインド映像で「来年は僕たちが来て公演する」「来年は舞台を一度やってみたい」など、グラミー賞で公演したいという希望を表した。

アメリカのレコード芸術科学アカデミー(NARAS)が主管するグラミー賞は、アメリカ音楽賞の中で最も大きな規模と権威を誇る。ただ、保守的で非英語圏アーティストに排他的という評価も受けてきたのも事実だ。

そのようなグラミー賞の舞台に立つことになったのは、世界の大衆音楽市場でBTSの地位を示しているという評価だ。

BTSはビルボードミュージック・アワーズ、アメリカン・ミュージック・アワーズに続いてグラミー賞まで米国3大音楽授賞式ですべて公演する記録も打ち立てることになった。

ただ、BTSは今年のグラミー賞候補には選ばれなかった。2019年11月、候補が発表された当時、アメリカ音楽界の中でBTSの候補不発を批判する声が出たこともある。

今回のグラミー賞はアメリカのテレビ局CBSを通じて生中継され、韓国では1月27日午前9時55分からMnetで生中継される。

なお、BTSは先週1月18日にロサンゼルスに向けて出国した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事