イ・ビョンホンやヒョンビンも“北朝鮮の人物”に…韓国エンタメで北がウケる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮出身のキャラクターが登場する作品が、大衆から支持を受けている。

最近、映画やドラマの期待作とされ、実際に良い興行成績を出している作品には、北朝鮮出身のキャラクターが主要人物として登場するという共通点がある。

観客動員数800万人を突破し、長らく好評を維持している映画『白頭山』(原題、イ・ヘジュン、キム・ビョンソ監督)の俳優イ・ビョンホンと、時間帯視聴率1位を記録しているドラマ『愛の不時着』(原題、tvN)の俳優ヒョンビンが、その主人公だ。

【インタビュー】イ・ビョンホンが『白頭山』の出演を決めた理由は?

同時期の映画とドラマを代表する2つの作品で、トップ俳優たちが北朝鮮出身のキャラクターを演じているだけに、大きな関心を集めている。

イ・ビョンホンとヒョンビンが演じる北朝鮮キャラクター

『白頭山』でイ・ビョンホンは、白頭山の噴火を防ぐための作戦の鍵を握る北朝鮮要員リ・ジュンピョン役を引き受けた。

イ・ビョンホンはそらとぼけて見える外見と、何を考えているかわからない内面を持ったリ・ジュンピョンを演じ、緊張感と迫力あふれるアクションはもちろん、チョ・インチャン役のハ・ジョンウとのブロマンス(男性同士の親密な関係)まで披露。トップ俳優としての実力を証明した作品となった。

『白頭山』はその結果、ボックスオフィス1位はもちろん、公開から1カ月が過ぎた現在も安定した興行を続けている。

(写真提供=CJエンターテインメント)『白頭山』のイ・ビョンホン

ヒョンビンもまた、ドラマ『愛の不時着』で北朝鮮のエリート将校リ・ジョンヒョク役を演じて、活躍中だ。

一見すると何事にも無関心な様子だが、温かい内面を持ったリ・ジョンヒョクを演じ、女優ソン・イェジンとのロマンスでお茶の間の注目を集めている。ヒョンビンが北朝鮮キャラクターを演じたのは、映画『コンフィデンシャル/共助』(キム・ソンフン監督)に続いて2回目だ。

イ・ビョンホンとヒョンビンは、流暢な北朝鮮なまりの言葉を使いこなし、過剰ではない演技を通じて違和感が少ない北朝鮮キャラクターを表現している。

(写真提供=tvN)『愛の不時着』のヒョンビン

北を“美化”しているとの声も

しかし北朝鮮出身のキャラクターが前面に出る作品に対しては、関心も高い分、懸念も大きい。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集