『朱蒙』主役&竹島水泳リレーで知られる韓国俳優が“三つ子”の近況を公開

2019年10月09日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優ソン・イルグクが“三つ子”の近況を公開した。

【あの人は今】竹島への水泳リレーを強行した『朱蒙』ソン・イルグクの意外な現在

ソン・イルグクは10月9日、インスタグラムに「今朝、自分たちが直接作ったと持ってきた本。テハンの元素周期表本、ミングクの“神と呼ばれた男”の台本、そして最後にマンセの“ハングルがない本はある”。ちょうどハングルの日(10月9日)だったので、テハンのおかげでしばらく笑ったね」というコメントし、写真を公開した。

公開された写真には、ソン・イルグクの息子であるテハン、ミングク、マンセの三つ子が写っていた。3人の息子たちは以前よりも成長した姿で、それぞれの本を持って個性あふれる表情を作っている。

ソン・イルグクは、2007年に日本で地上波放送された韓国時代劇『朱蒙』で主人公を演じた俳優。同作は韓国で2006年に放送され、最高視聴率52.67%を記録した大ヒットドラマだった。

その三つ子たちは、バラエティ番組『スーパーマンが帰ってきた』に父と出演し、多くの関心を受けた。3人の名前は漢字で「大韓(テハン)」「民国(ミングク)」「万歳(マンセ)」となる。

(写真=ソン・イルグクInstagram)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事