『不滅の恋人』では危篤に…朝鮮王朝時代の“国王の日常”と健康状態は?

2019年10月13日 テレビ #韓流時代劇
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週日曜夜、NHKでは韓国時代劇『不滅の恋人』が放送されている。

先週放送された第9話では、国王が倒れて危篤となるが、ドラマに登場する国王イ・ヒャンのモデルは朝鮮王朝第5代王・文宗(ムンジョン)だ。

史実においても文宗は、王になって2年余り、38歳でこの世を去ってしまう。それが『不滅の恋人』でも描かれる“悲劇”の始まりとなってしまうわけだが、日本で韓流時代劇人気の先駆けとなった『宮廷女官チャングムの誓い』や『イ・サン』など、韓国時代劇では朝鮮王朝時代の王がよく描かれる。

そもそも朝鮮王朝時代の王はどんな日常を過ごしていたのだろうか。

ユネスコ世界記録遺産にも登録されている歴史書『朝鮮王朝実録』に記されている記録をもとに、韓国では当時の王の日常が紹介された書物が多数存在するが、それを集約すると朝鮮王朝の王の一日の始まりは早い。

朝5時頃に起床して、母や祖母に挨拶し、軽い朝食をとることから始まったという。

ちなみに、この「軽い朝食」とは別に、あとで「きちんとした朝食」を食べる。王は一日5食の生活をしていて、食膳には豪華な料理がズラリと並ぶことが通例だったそうだ。

【関連】なぜ朝鮮王朝の王の食膳は食べきれないほど豪華だった?

軽い朝食の後に、「経筵(キョンヨン)」と呼ばれる講義を受けた。朝に行われる経筵は、「朝講(チョガン)」と呼ばれ、日が昇る時間に行われたという。

知られざる王の日常。健康状態は?

朝講が終わると、国政業務が始まる。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事