コン・ヒョジン&カン・ハヌル主演の韓ドラ『椿咲く頃』、監督が伝える“4-4-2戦術”とは?

2019年09月17日 話題 #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月17日、新しい韓国ドラマ『椿咲く頃』の制作発表会が行われた。

会場には主演のコン・ヒョジン、カン・ハヌルをはじめ、キム・ジソク、チャ・ヨンフン監督が出席し、ドラマの魅力を語った。

偏見にとらわれたヒロインと、盲目的な応援と支持でヒロインを覚醒させる男の恋愛模様を描く“生活密着型”ラブコメ作品となる『椿咲く頃』。

コン・ヒョジンにとっては3年ぶりのドラマ復帰作、カン・ハヌルにとって除隊後の復帰作というところで注目を集めている。

女優コン・ヒョジン、3年ぶりのドラマ復帰作に自信「他の女優に譲るのがもったいなくて」

チャ監督はドラマについて「偏見に囚われたヒロインが偏見を打ち破っていく成長ストーリー」と紹介しながら、「4-4-2の戦術を採用している。4割のラブストーリー、4割のヒューマンドラマ、2割のスリラーを備えた。まるでギフトセットのようなドラマだ」と、独特な比喩を用いて説明した。

コン・ヒョジンも「監督は頭がいいので、撮影現場でよく感服する。分かりやすく説明してくださって、うまくまとまった」と、「4-4-2戦術」の比喩に納得した様子を見せ、笑いを誘った。

カン・ハヌルは「久しぶりにご挨拶させていただく」と復帰に対する嬉しさを伝え、「純粋で一途な田舎の警察官をどう表現するか悩んだ」と、ドラマへの意気込みを語った。

『椿咲く頃』は、韓国KBS2にて9月18日よる10時からスタートする。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事