BTS(防弾少年団)にも韓国サッカー界の“神童”にも「兵役特例はナシ」の背景とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

「BTSもイ・ガンインも対象にならず」(『JTBC』)、「防弾少年団もイ・ガンインも確定適用受けられず」(『シングルリスト』)、「イ・ガンイン、防弾少年団に免除はない」(『ソウル新聞』)…。

これは9月9日に韓国メディアで一斉に報じられた見出しの一例だ。

【写真】「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人を一挙紹介

今や韓国やアジアだけではなく、全世界規模の人気を誇るスーパーグループのBTS(防弾少年団)と、6月のサッカーU-20ワールドカップで韓国を準優勝に導き、自身もゴールデンボール(大会最優秀選手賞)に輝き、日本の久保健英と同世代ということで日本でも何かと比較される“神童”イ・ガンイン。

音楽とスポーツという異なるジャンルのスーパースターの名が揃って論じられるのは、彼らの兵役問題が関係している。

周知の通り、韓国では成人男子に兵役義務がある。

頂点を極めたスポーツスターや人気絶頂のアイドルであっても、兵役を務めなければならない。事実、2011年に日本の男子プロゴルフツアーで賞金王を戴冠したペ・サンムンは、後に選手生活を一時中断して兵役に従事しているし、東方神起のメンバーも立派に兵役を務め終えた。

知っておきたい「芸術・体育要員特例制度」

もちろん、なかには諸事情で兵役免除されたスポーツスターや芸能人もいるが、日本人に馴染みが薄い「兵役=軍隊」も、韓国の成人男子にとっては当然の“国民の義務”となっている。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事