突然の死から今日で14年、国民的女優チェ・ジンシルと残された娘の「告白」

2022年10月02日 話題

韓国最高のトップ女優がスランプを克服して再起に成功したが、幼い兄妹を残して突然この世を去って大きな衝撃を与えたから今年で14回忌となる。

突然この世を去ったトップ女優チェ・ジンシル…その波乱万丈な人生とは

今から14年前の2008年10月2日、「万人の恋人」「時代のアイコン」と呼ばれた女優チェ・ジンシルがこの世を去った。

1968年12月24日生まれの故チェ・ジンシルは、1988年CMを通じて芸能界デビューし、同年のMBC役者デビューもした。

1992年に出演したドラマ『ジェラシー』で大ブレイク。以降も『恋の香り』『アスファルトの男』『星に願いを』など、数多くの作品に出演して、国民的女優となった。

元巨人のエースと結婚、出産、離婚、そして…

その後は数多くのヒット作に主演してトップスターの仲間入り。第11回青龍映画賞で新人女優賞と人気スター賞の2冠王に輝き、第33回大鐘賞映画祭では主演女優賞を受賞した。

青龍映画賞の人気スター賞は7回以上受賞し、1997年のMBC演技大賞では最大栄誉の大賞を受賞し、「国民俳優」として位置づけられた。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集