実はトンイの「裏の顔」はどれほど恐ろしかったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

イ・ビョンフン監督の傑作時代劇『トンイ』で、ハン・ヒョジュが演じたトンイは、明るくて純粋な女性として描かれていた。反対に張禧嬪(チャン・ヒビン)は、典型的な悪女になっていた。

(関連記事:はたして朝鮮王朝で、“一番の悪女”は誰?

しかし、それは史実の通りなのだろうか。

『トンイ』の主役だったトンイは淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏のことだ。彼女は19代王・粛宗(スクチョン)の側室だった。そして、同時期を生きた張禧嬪とは、激しく対立した関係だった。

この張禧嬪は悪女としてあまりに有名だが、果たして淑嬪・崔氏はドラマのように心が美しい女性だったのか。

歴史的な事実を見てみよう。

粛宗の正室だった仁顕(イニョン)王后は1701年8月に世を去った。それから40日後に、淑嬪・崔氏が粛宗に「張禧嬪が仁顕王后を呪い殺そうとしていた」という告発を行なっている。

ただ、不思議なのは、仁顕王后が亡くなってから40日後の告発だったことだ。淑嬪・崔氏がその事実を知っていたのであれば、なぜ、もっと早く言わなかったのだろうか。

実際に、仁顕王后の屋敷の周りから、呪詛(じゅそ)に使ったと思われる呪いの品物が発見されている。しかし、それを張禧嬪が埋めたという証拠は1つもない。たとえば、淑嬪・崔氏が自分で埋めて告発したともいえる。その準備のために40日もかかったのではないのか。

ドラマ『トンイ』に登場するトンイ(女優ハン・ヒョジュ)

なにしろ、淑嬪・崔氏には、張禧嬪を陥れなければならない動機があった。

このとき、世子になっていたのは張禧嬪が産んだ息子だった。淑嬪・崔氏にも粛宗との間に産んだ息子がいたが、兄(世子)がいるので王にはなれなかった。

しかし、張禧嬪の息子を世子の座から追放できれば、淑嬪・崔氏の息子が代わりに世子になることも可能だった。つまり、張禧嬪はそのまま何もしなければ自分の息子が王になれるが、淑嬪・崔氏の場合は、張禧嬪の息子を排斥しなければ自分の息子が王になれないのだ。

しかも、ずっと病床にあった仁顕王后はもう長くは生きられなかった。そんな王妃を、張禧嬪が危険を冒して呪詛する必要はまったくないのである。

むしろ、淑嬪・崔氏のほうが張禧嬪に罪をかぶせる必要があったのだ。

実際に「朝鮮王朝実録」を読む限りにおいて、張禧嬪が悪行をした形跡はない。しかし、女官から王妃になったことで(後に側室に降格)、怨まれて様々な悪口を言われてしまった。

一方、史実の淑嬪・崔氏は、『トンイ』に出てくる主人公とは印象がかなり違う。「朝鮮王朝実録」を読んで当時の状況を推察すると、張禧嬪より淑嬪・崔氏のほうが悪女だった可能性が高い。

淑嬪・崔氏の裏の顔は実は大変に恐ろしかったかも。『トンイ』の主人公があまりに美化されすぎていることは間違いない。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事