『MANIFESTO:DAY1』で転換点迎えたENHYPEN、曲名から「ハイフン(-)」が消えた理由

2022年07月04日 K-POP #ENHYPEN
このエントリーをはてなブックマークに追加

ENHYPENが強烈な魅力で戻ってきた。

【独占写真】ENHYPENの可愛らしい私服姿

7月4日、ソウル西大門区(ソデムング)にある延世(ヨンセ)大学校百周年記念館では、ENHYPENの3rdミニアルバム『MANIFESTO:DAY1』リリース記念メディアショーケースが開かれた。1stフルアルバムのリパッケージアルバム『DIMENSION:ANSWER』以来、約6カ月ぶりのカムバックだ。

ショーケースでジェイクは「新しい姿をお見せするために熱心に準備した」とし、ジェイは「準備期間が長かっただけに、完成度の高いステージをお見せするために最善を尽くす」と誓った。

(写真=BELIFT LAB)

そしてヒスンは、「今までとは違う、ENHYPENの新しい姿をお見せすることができて嬉しく、わくわくする」とカムバックの感想を明らかにした。

初のラップに挑戦

新アルバムの『MANIFESTO:DAY1』は、大人たちが定義した成功に疑問を抱くようになった7人の少年が、「これ以上、他人の言う通りに生きず、自ら答えを探す」と決心する物語が含まれている。

ジェイは「先立って良い成績を得て、喜びも大きかったが、このような成功が努力だけでなされるものではないと思う。いつも新しくて素敵な姿をお見せしたいし、自ら愛される資格があることを証明するアルバムになるだろう」と自信を示した。

リード曲の『Future Perfect (Pass the MIC)』はシカゴドリル(2010年代にシカゴで盛り上がったラップカルチャー)調の曲で、自分たちの使命に気づいた7人の少年が、同世代に向けて「先に前に進むから、一緒に行こう」と宣言している。同日、初めて『Future Perfect (Pass the MIC)』のパフォーマンスを披露したENHYPENは、今までとは違う、強烈ながらも反抗心いっぱいの風変わりな姿で目を引いた。

ヒスンは“成長”をキーワードに挙げ「デビュー後、初めてラップに挑戦し、音楽、パフォーマンスなどで最高のシナジーを出すため、絶えず悩みながら実力も一層強固になったようだ」と付け加えた。

(写真=BELIFT LAB)

ENHYPENはまた、振り付け創作にも力を加えた。ジョンウォンは「休む暇もない曲なので体力がたくさん必要な曲だ。ENGENE(ENHYPENのファンネーム」を考えてもっと頑張ることができた」と述べた。

「ハイフン(-)」が消えた意味

ほかにもトレードマークだった「-(ハイフン)」を消し、変化を及ぼした点も目につく。

これまで『Given-Taken』『Drunk-Dazed』『Tamed-Dashed』『Blessed-Cursed』など、相反する2つの単語を連結し、少年たちの複雑な感情を表現していたのとは異なり、新曲では能動的に人生を生きていくというメンバーたちの強い意志をあらわしている。

ジェイクも「私たちの考えが成長していくように、曲のタイトルとコンセプトも多様に成長していきたい」とし、「自らの意志どおりの未来を描いていく私たちの姿を期待してほしい」と頼んだ。

なお計6曲が収録されている今回のアルバムは、HYBEのパン・シヒョクPDを筆頭に、ENHYPENの始動から携わってきたWonderkidなど、HYBEレーベルのクリエイターが参加し、完成度を高めている。

ソヌは、今回のアルバム制作過程でパン・シヒョクから受けた助言に対して「パン・シヒョクプロデューサーが初めて練習をした時、振り付け映像を見て、グループトークに“必至で頑張るんだ”“情熱が見える”という言葉を初めて言ってくれてエネルギーを得てさらに熱心にした。大きな力とモチベーションになった」と話した。

初のワールドツアーも

(写真=BELIFT LAB)

昨年10月にリリースした『DIMENSION:DILEMMA』でミリオンセラーを、『DIMENSION:ANSWER』でハーフミリオンセラーを記録し、第4世代アイドルの“アルバム強者”として浮上したENHYPEN。ジョンウォンは「デビューして1年も経たないうちにミリオンセラータイトルを獲得することになった。プレッシャーにならないと言ったら嘘になるが、それだけ今回のアルバムに自信がある。プレッシャーが前向きな原動力となった」と話している。

ENHYPENは今後、9月の韓国公演を皮切りに、日本やアメリカなどでワールドツアーを開催する予定だ。ジョンウォンは「とても期待している。新型コロナの時期にデビューしたので残念な気持ちが多かったが、完璧に一生懸命準備してお見せしたい」と誓うと、ヒスンは「個人的にウェーブが見たい。巨大な応援棒のウェーブを見るのが楽しみだ」と付け加えた。ジェイも「スケジュールのないメンバー同士でSEVENTEEN先輩たちの公演に見学に行った。良いモチベーションになった」と伝えた。

今回の活動の目標についてジョンウォンは、「今回の音楽番組で、初めてENGENEに会うのでわくわくしている。できるだけ多くのENGENEに出会うことが目標」と明らかにし、ソヌも「日々成長するENHYPENの姿をお見せしたい」と更なる成長を約束した。

◇ENHYPEN プロフィール

2020年11月30日にデビュー。韓国のグローバルオーディション番組『I-LAND』で、世界中のファンによる投票で選ばれたボーイズグループ。日本人のNI-KI、オーストラリア出身のJAKE、アメリカ出身のJAYを含む、JUNGWON、HEESEUNG、SUNGHOON、SUNOOの7人が所属。BTS(防弾少年団)やTOMORROW X TOGETHER(トゥモローバイトゥゲザー)が所属するHYBEの傘下レーベル「BELIFT LAB」に所属。2021年3月29日から2022年3月29日まではニッポン放送の新ブランド『オールナイトニッポンX(クロス)』の月曜レギュラーパーソナリティーとしても活躍した。

【写真】ソンフンの「自然体で最強ビジュアル」な近況

【写真】ヒスン&ニキの「可愛すぎる」うたた寝SHOT

【画像】BTS・V、“グループ活動中断”で明かした本音「10年間いつも怖かった」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集