是枝監督、ソン・ガンホに「少し申し訳ない」の理由、『ベイビー・ブローカー』韓国試写会レポ【PHOTO】

2022年06月01日 映画 #写真 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

「主演男優賞で名前が呼ばれた時、夢かうつつかと思った」

【写真】是枝監督、ソン・ガンホらがレッドカーペットに!

映画『ベイビー・ブローカー』で第75回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞した俳優のソン・ガンホは、受賞当時を思い出し、このように話した。

5月31日、ソウル龍山(ヨンサン)CGVでは、『ベイビー・ブローカー』のマスコミ向け試写会が行われた。

(左から)カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン、ソン・ガンホ

ソン・ガンホは、「実はカンヌ映画祭は賞を少なく与える。コンペティション部門進出作21編のうち7編に賞を授与するため、比率が低い。その7本の映画関係者には閉幕式が開かれる前に電話をかける。電話に出るまで待つ時間が、その時が一番緊張する」と話した。

続けて、「電話がかかってくれば、どんな賞でも受けられるという意味なので心が楽になる」と付け加えた。

彼は受賞当時、しばらくパニックになったとし「イギリスにいらっしゃるポン・ジュノ監督、韓国にいらっしゃるキム・ジウン監督から一番先にメールを受け取った。明け方にユーチューブで視聴したようだ。その後、多くの方々がお祝いしてくださり、過賞してくださって、どうすればいいのか分からない」とし、「感動をゆっくり、こそこそ感じたい」と打ち明けた。

ソン・ガンホ(左)、是枝裕和監督

そして是枝裕和監督は、「ソン・ガンホはポン・ジュノ、イ・チャンドン、パク・チャヌク監督のような、韓国人監督の作品で賞をもらってもおかしくない」とし、「(外国人の)私が監督を引き受けた作品で賞をもらうことになり、少し申し訳ない気持ちもある。一方で、この作品にとっては最高に嬉しい賞になった」と伝えた。

是枝監督は、慣れない韓国語で演出しなければならない状況では、ソン・ガンホにすべてを任せたという。「現場が始まったあと、ソン・ガンホさんが几帳面にテイクを見て比較したり、ニュアンスの違いに対するフィードバックを与えてくれた」とし、「信頼を持って頼ることができた。ソン・ガンホさんのおかげで不安を克服し、最後まで完成することができた」と賞賛を惜しまなかった。

是枝裕和監督
ソン・ガンホ
カン・ドンウォン
イ・ジウン(IU)
イ・ジュヨン
(左から)カン・ドンウォン、イ・ジウン、是枝裕和監督、イ・ジュヨン、ソン・ガンホ

『ベイビー・ブローカー』は、赤ちゃんボックスに預けられた赤ちゃんを巡り、子供を捨てた未婚の母、赤ちゃん売買ブローカー、それを追う刑事たちの予期せぬ旅路を描いた作品だ。 韓国では6月8日に、日本では24日に公開される。

『ベイビー・ブローカー』のIUや21歳の『プデュ48』出演者も…アイドル出身者が“母親役”を演じる理由

歌手IUが“女優イ・ジウン”のジュエリーが1億以上でも雑音が皆無なワケ

「リアーナは訴訟を起こせる」とも…『ベイビー・ブローカー』に対する海外メディアの反応が真っ二つ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集