「リアーナは訴訟を起こせる」とも…『ベイビー・ブローカー』に対する海外メディアの反応が真っ二つ

2022年05月28日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

第75回カンヌ国際映画祭でパルムドール獲得が期待されいてる映画『ベイビー・ブローカー』に対して、海外メディアは様々な反応を見せている。

【写真】『ベイビー・ブローカー』出演者たちがプリクラ?

5月26日午後(仏現地時間)に行われたワールドプレミアでは、12分間のスタンディングオベーションを受けた。この12分という時間は、同じくコンペティション部門に進出した韓国映画『別れる決心』(原題、英題『Decision to Leave』、パク・チャヌク監督作品)が受けた8分よりも長かった。 

このスタンディングオベーションに、本作が長編映画デビュー作だったイ・ジウン(IU)は涙を浮かべていた。

しかしイギリスの『ガーディアン』は5点満点中2点と評し、「根本的に愚かで疲れるほど浅い」と酷評。『デイリーテレグラフ』も「今年のコンペティション部門で最も失望した作品かもしれない」として2点を与えた。

(写真=CJ ENM)左からソン・ガンホ、是枝裕和監督、イ・ジウン、イ・ジュヨン、カン・ドンウォン

続いて、劇中の傘と関連した対話に対して「陳腐なロマンチックな表現」とし、「(『アンブレラ』を歌った)リアーナが訴訟を提起することができる」と痛烈に批判している。

一方で、アメリカの『バラエティー』は「最も人間的な結論まで追いつくようにする映画」と好評。『ニューヨーク・タイムズ』も「今年のカンヌ最高作品の一つ」と絶賛した。

なお本作は、赤ちゃんポストをきっかけに出会った、赤ん坊の母親のソヨン(演者イ・ジウン)、ベイビー・ブローカーのサンヒョン(演者ソン・ガンホ)、相棒のドンス(演者カン・ドンウォン)、そして彼らを現行犯逮しようと追いかける刑事のスジン(演者ペ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(演者イ・ジュヨン)といった、様々な事情を持った登場人物たちの物語だ。

【写真】歌手IU、“キスマーク投稿”が話題に!

韓国の気鋭が手がけたド級のタイホラー『女神の継承』、禍々しさ極まる特報&場面写真解禁【動画】

1408倍の競争率、『梨泰院クラス』女優の再来なるか…『The Witch/魔女』続編予告が電撃公開

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集