原点回帰か…“私生活スキャンダル”で活動を中断した俳優キム・ソンホ、映画に先立って演劇で復帰

2022年05月13日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スタートアップ:夢の扉』『海街チャチャチャ』などを通じて人気俳優の仲間入りを果たすも、私生活スキャンダルで活動を中断していたキム・ソンホが、演劇で復帰する。

【写真】スキャンダルから半年…キム・ソンホをタイで発見!

キム・ソンホは来る7月8日、大学路アートワンシアターで行われる演劇『Touching the Void』の男性主人公に抜擢された。

『Touching the Void』は吹雪が吹き荒れる巨大な雪山、冷酷な大自然に閉じ込められた恐怖、その恐怖を勝ち抜いた生の闘志が込められた作品で、イギリス人登山家Joe SimpsonとSimonYatesの生存実話を土台に制作された。

キム・ソンホは今回の作品で、遭難事故で雪山に孤立する主人公を引き受けた。キム・ソンホの他にも、シン・ソンミン、イ・フィジョンらが同役を演じる。

キム・ソンホはもともと演劇界で俳優としての実力を積み上げてきた。そんな彼が演劇で復帰するということだけに、初心に戻るという意味合いもあるのかもしれない。

(写真提供=S.A.L.T.エンターテインメント)キム・ソンホ

誤解も多かった私生活スキャンダル

先立ってキム・ソンホは昨年10月、元恋人の暴露によって私生活スキャンダルに巻き込まれた。キム・ソンホの元恋人が暴露文を公開。彼女は2020年7月に妊娠したのだが、キム・ソンホが結婚を約束しながら中絶を強要し、中絶後に一方的に別れを通告したと主張した。

キム・ソンホは同年10月20日、所属事務所を通じて疑惑を認めて「その方に心から謝罪したい」と頭を下げた。キム・ソンホの謝罪後、元恋人は「彼の謝罪を受け、互いに誤解していた部分もあった」としながら和解し、暴露文を削除した。

その後、元恋人の主張は間違いが多いとの声が多数上がり、キム・ソンホに対する批判は弱まった。それでもキム・ソンホは活動を中断した。

当初は、今年4月にタイでの撮影を終えた映画『悲しい熱帯』(原題)で復帰するとされていたが、7月に演劇で復帰することになり、注目が集まっている。

◇キム・ソンホ プロフィール

1986年5月8日生まれ。2009年に演劇『ニューボーイングボーイング』でデビューして以来、演劇界で俳優としての実力を積み重ねてきた。その後活動範囲を広げ、2017年には『キム課長とソ理事』でドラマデビューを果たす。同年のドラマ『トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中⁉~』では魔性の詐欺師コン・スチャン役を好演し、「MBC演技大賞」で「新人賞」と「優秀賞」の2冠を達成した。2020年の『スタートアップ: 夢の扉』、2021年の『海街チャチャチャ』に出演し、韓国だけでなく、日本でも人気を集めた。

強要か合意か…俳優キム・ソンホは「責任をとる」つもりだった?

【注目】「脅迫されて暴露できない」元恋人の暴露文は誤りだらけ?

スキャンダルから復活の兆し見せる俳優キム・ソンホに新たな“美談”が追加

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集