2021年度韓国No.1大ヒット『モガディシュ』が日本上陸!ソマリア内戦を舞台に何を描く?

2022年04月06日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国を代表する名優キム・ユンソクと人気俳優チョ・インソンが初共演を果たし、2021年度韓国映画No.1の大ヒットを記録したリュ・スンワン監督最新作『ESCAPE FROM MOGADISHU(英題)」が、邦題を『モガディシュ 脱出までの14日間』とし、7月1日から日本公開となる。

【注目】コロナ禍で冷え込む韓国映画界で大ヒットの『モガディシュ』とは?

そして今回、公開決定とともにポスタービジュアルが解禁となった。

1990年、ソウル五輪を成功させた韓国は国連への加盟を目指し、多数の投票権を持つアフリカ諸国にロビー活動をしていた。ソマリアの首都、モガディシュの韓国大使ハン(演者キム・ユンソク)は、なんとかソマリア政府上層部の支持を取り付けようと奔走している。 一方、韓国より20年も早くアフリカ諸国との外交を始めていた北朝鮮も国連加盟を目指しており、両国間の妨害工作や情報操作はエスカレートしていく。

(c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.

そんななか、政府に不満を持つ反乱軍によってソマリア内戦が勃発し、国はたちまち大混乱に陥る。各国の大使館は略奪や焼き討ちにあい、外国人の命の危険が差し迫っていた。反乱軍に襲われ北朝鮮大使館にいられなくなったリム大使(演者ホ・ジュノ)は職員とその家族たちを連れて、絶対に相容れない韓国大使館へ助けを求める決心をする。 果たしてハン大使は彼らを受け入れるのか、また彼らは全員モガディシュから生きて脱出できるのか。そしてその方法は?

韓国民主化から3年、ソウル五輪からわずか2年後に起こった知られざる実話の映画化を手掛けたのは、『ベテラン』『ベルリンファイル』『生き残るための3つの取引』などジャンルの枠にとらわれない新鮮な発想と社会を貫く視線で、観客を常に魅了し続けるリュ・スンワン監督。

当時のアメリカ海軍の記録から国内外交協会の記事、ソマリア国営テレビの資料など徹底した事前調査を行い、撮影は西アフリカモロッコでのオールロケを実施するなど内戦当時の状況を克明に再現したという。

そしてキャストにはキム・ユンソク(『1987、ある闘いの真実』)、ホ・ジュノ(『国家が破産する日』)、チョ・インソン(『ザ・キング』)、ク・ギョファン(『新感染半島 ファイナル・ステージ』)など、韓国最高の俳優陣が顔を揃え、色々な思惑のなか、韓国と北朝鮮の大使館員たちの生死を駆けた脱出の真実に迫った。

(c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.

そして今回あわせて解禁となったポスタービジュアルには、内戦の混乱で黒煙や火の手が迫るなか、身を寄せ合う韓国大使ハンと妻、カン参事官らの姿が。

怪我で血だらけになりながらも、その表情からは覚悟と緊張感が伝わり、「国か、命か。それは語ることを許されなかった14日間の真実」というコピーとともに、彼らの過酷な状況を想起させる。

韓国のアカデミー賞と称される「第42回青龍(チョンヨン)映画賞」で最優秀作品賞、監督賞含む5部門受賞するなど、2021年度の賞レースを席巻した、今夏見逃せない一作がついに日本上陸となる。

ヒートアップする韓国映画対決、『モガディシュ』を盛り上げたベテランの確かな演技力

マ・ドンソク主演のヒット作『犯罪都市』続編が5月に韓国公開決定!ポスター2種が電撃公開

ドラマ『SKYキャッスル』で迫真の演技見せた女優、新映画では左腕にタトゥー?一体なにが

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集