元Wanna Oneカン・ダニエル、故郷・釜山市の広報大使に「少しでも貢献したい」

2019年06月12日 話題 #Wanna One
このエントリーをはてなブックマークに追加

Wanna One出身の歌手カン・ダニエルが、釜山市の広報大使に任命された。

所属事務所KONNECTエンターテインメントは6月12日「カン・ダニエルが釜山市の広報大使に任命され、7月中に任命式を行う」と明らかにした。

(関連記事:元Wanna Oneカン・ダニエル、個人事務所を設立。「今度は僕が皆さんにパワーを届ける」

釜山市の広報大使は無報酬の名誉職であり、市民のために共益活動を行う。

釜山市では去る4月、市民を対象に釜山の魅力を最も伝えられる広報大使を選ぶイベントが行われ、その結果カン・ダニエルが抜擢された。

今回の任命にあたり、カン・ダニエルは「生まれ育った故郷・釜山のためにいつも何かをやりたかった。今回、広報大使を務めることになって嬉しく、責任を感じる。今も最高の都市だが、さらなる発展に少しでも貢献できるように頑張る」とコメントしている。

カン・ダニエルは最近、個人事務所KONNECTエンターテインメントを設立し、ソロデビューに向けて拍車をかけている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事