30年以上前の書類不備で強制送還の危機…カンヌで喝采の『ブルー・バイユー』予告編解禁【動画】

2022年01月21日 映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年カンヌ国際映画祭に出品され、8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた愛と感動の物語『ブルー・バイユー』が、2022年2月11日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなる。

そして今回、予告編映像が解禁となった。

監督・脚本・主演を務めるのは、映画『トワイライト』シリーズで俳優として知られ、監督としても数々の賞を受賞している韓国系アメリカ人、ジャスティン・チョン。共演には、2015年『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルがキャスティングされている。

【注目】2021年日本公開のオススメ韓国映画!

©2021 Focus Features, LLC.
©2021 Focus Features, LLC.

韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年が、自身は知る由もない30年以上前の書類不備で、国外追放命令を受け、二度と戻れない危機に瀕したらどうするか。

アメリカの移民政策で生じた法律の“すき間”に落とされてしまった彼は、愛する家族との暮らしを守れるのか。不器用な生き方しかできない男、大きな愛で支えようとする女、義父を失う不安を抱える少女。家族を襲う不幸に揺れ動く3人を美しい映像と共に力強く描いた傑作となっている。

この度解禁された予告編では、妻のキャシー、幼い娘のジェシーとともに家族3人で幸せに暮らしていたアントニオが、些細なトラブルがきっかけで移民局へと連行され、強制送還の危機に直面する場面が切り取られている。

韓国で生まれ、3歳でアメリカに養子に出されたアントニオは、アメリカからの国外追放を命じられるが、家族とは離れないと決心し、ある決断を下す。一方、幼いジェシーはアントニオが遠くへ行ってしまうのかと不安を抱え、キャシーは「あなたとならどこへでも行く。怖くなんかない」とアントニオを支えつつ、一緒にアメリカで暮らす方法を探して奔走する。果たして、アントニオ達は家族3人で共に暮らすことができるのか。

最後の「家族と共に暮らしたい。ただ、それだけ。」というコピーが胸を打つ予告編となっている。

綾瀬はるかと熱愛説が浮上のノ・ミヌ、SNSに意味深な投稿「心配しないで」

平手友梨奈の『梨泰院クラス』リメイク“騒動”に韓国が注目「セロイ役の竹内も…」

国際指名手配中とされる『きみはペット』女優、韓国に送還?生配信する余裕も

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集