韓国で話題の「BTSマスク」、日本への輸出が決定。日本企業と1700万ドル規模の独占供給契約

2022年01月14日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のマスク製造企業DOBU MASKは1月14日、日本の兵庫県にあるミタカトレードと、去る12日に「BTS ARTWORK MASK」の日本国内の独占供給契約を締結したことを発表した。

【関連】BTSマスク、“1枚500円”の価格設定に賛否「高すぎ」「限定版だから…」

今回の契約により、1737万ドル(日本円=約19億7600万円)規模のマスク輸出が行われる。

「BTS ARTWORK MASK」とは、BTS(防弾少年団)の楽曲をモチーフにデザインしたマスクのことで、高性能のMBフィルターのほか、着用者が楽に呼吸できるエアスルーフィルターを採用。裏地にはあらゆる認証をクリアした製品が使用され、肌への刺激が最小限に抑えられている。

また、製品の偽造・変造防止と偽物の流通を防止するため、マスク製品としては世界初のQRコードによる正規品認証技術を導入。これにより、購入者はQRコード認証を通じて製品が正規品であるかを確認することができ、QRコードを撮影すればBTSのコンテンツも鑑賞できる。

(画像=DOBU MASK)

去る10日からは、「BTS ARTWORK MASK」第1弾として『Butter』エディションの事前予約販売が公式オンラインモールでスタート。DOBU MASKは今後、3月までに全8種の「BTS ARTWORK MASK」を発売することを予告している。

DOBU MASKは今回の発表に際し、「韓国マスク企業の底力を海外市場に知らせるため、開拓に尽力する」と伝えている。

なお、DOBU MASKは昨年12月20日、BTSの所属事務所BIGHIT MUSICと、BTSの肖像権を使用したマスク類に関するグローバルライセンス契約を締結していた。

【関連】BTSマスク、“1枚500円”の価格設定に賛否「高すぎ」「限定版だから…」

【関連】JINも驚き隠せず…“BTS企画商品”の値段が高すぎると議論に

【関連】BTS・Vが作った“愛の言葉”「ボラヘ」、HYBEが商標出願

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集