Netflixが期待作を再予告…“ゾンビウイルス”はびこる学校で手に汗握る脱出劇「死にたくない!」【画像】

2022年01月16日 話題 #Netflix #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルドラマ『今、私たちの学校は…』が緊張感漂うメイン予告映像とキャラポスターを公開し、期待感を倍増させている。

【関連】韓国ではウェブ漫画が原作のコンテンツが続々公開

ウェブトゥーンが原作の『今、私たちの学校は…』は、ゾンビウイルスが流行り始めた校内で、救助が来るまで戦う生徒たちの奮闘を描いたNetflixオリジナルドラマだ。

公開された予告映像では、普段通りの登校風景から始まる。しかし1人の生徒が異常症状を起こし、平和だった日常が崩れ始める。その後、ゾンビウイルスが生徒間で蔓延し、食堂や図書館、廊下などが血の海に。噛まれた瞬間ゾンビになってしまう友達の姿に衝撃を受ける生徒もいるなか、かろううじて助かった生徒らは安堵するも、気を抜くにはまだ早かった。

(写真提供=Netflix)『今、私たちの学校は…』

ゾンビウイルスの秘密を握る理科教師イ・ビョンチャン(演者キム・ビョンチョル)は、ゾンビの特性に関する映像を残して謎を深める。校内で孤立した生徒らは、互いに「最後まで手を取り合って一緒に生き残ろう」と約束を交わす。

さらに、必死に娘を助けようとするオンジョの父親(演者チョン・べス)、ウイルスの真実を暴こうとする刑事ソン・チェイク(演者イ・ギュヒョン)など、校外から生徒を助けようとする人物たちにも注目だ。

(写真提供=Netflix)『今、私たちの学校は…』

映像と同時に公開されたキャラクターポスターには、ゾンビがはびこる校内で生き残った生徒らが写っている。ゾンビを目の前にしておびえた様子のオンジョ(演者パク・チフ)、オンジョを守ろうとしているチョンサン(演者ユン・チャヨン)、ゾンビであふれた廊下を走るナムラ(演者チョ・イヒョン)とスヒョク(演者ロモン)。

さらに、アーチェーリー部リーダーで高校3年生のハリ(演者ハ・スンリ)は、特技を活かしてゾンビに立ち向かう。そしてグィナム(演者ユ・インス)は、己を取り巻くゾンビにも屈せず鋭い目つきを見せている。

「死にたくない、殺したくない」というキャッチコピーからは、どうしても友達と一緒に生き残りたいと願う生徒たちの固い意志を感じられる。急にゾンビになってしまった友達を見て混乱に陥るなか、グィナムだけが「殺したい」と本音を明かす。彼の怒りの矛先は一体どこに向かうのか、注目が集まっている。

予告映像とキャラクターポスターの公開で大きな注目を集めている『今、私たちの学校は…』は、1月28日にNetflixにて公開される。

『D.P.』で“反撃開始”の韓国Netflixコンテンツ、下半期にはコン・ユやユ・アインなど名優続々

韓国コンテンツの“ネットフリックス依存現象”が進む一方…メリットと懸念点は?

『女神降臨』に続きドラマ化・映画化が予定されているウェブ漫画は?日本で人気の作品も

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集