『イ・サン』俳優イ・ソジンが“ハゲ頭”に!開業医の悲哀を描いたコメディ、注目ポイントは?

2022年01月12日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のオンライン動画配信サービス「TVING」の新ドラマ『内科パク院長』(原題)で、イ・ソジンが過去最大の変身を見せる。

【関連】俳優イ・ソジン、「財力がすごい」韓国芸能人4位に

1月14日に初放送を迎える『内科パク院長』は、初めて開業に挑戦する医者の、悲しくも笑える現実を描いたメディカルコメディだ。真の医者を夢見たが、毎日閑古鳥が鳴く診療室で、医療と商売の間で悩むパク院長の赤字脱出生存期が、愉快な笑いと共感をプレゼントする。

本作では俳優イ・ソジンの強烈なな変身が熱い注目を集めるなか、制作陣が『内科パク院長』のポイントを明かした。

イ・ソジンの大変身!コメディも完璧に

初のコメディ演技に挑むイ・ソジンは、ティザーポスターの時点でハゲ頭が強烈なインパクトを残している。彼が演じるパク院長は、医療と商売の間で苦心する初心者開業医だ。紆余曲折の末に自分の病院を建てたが、増えていく借金とストレスで髪の毛は抜ける一方。人材獲得からマーケティングまで、廃業直前の病院を生かそうとする涙の死闘が、愉快な笑いをプレゼントする予定だ。

演出と脚本を手掛けたソ・ジュンボム監督は「キャスティングするとき、意外性を重要視した。イ・ソジンさんのシックでジェントルなイメージは、僕としてもあまりにも覆したい魅力だった。撮影しながら、彼以上にパク院長が似合う人はいないと確信した」と明かしている。

また、「ハゲ頭という設定は、俳優に提案することが億劫だった。でもイ・ソジンさんから、“ハゲという設定を活かさなければならない。パク院長というキャラクターは、ハゲでなければ意味がない”と主張してくださった」と語り、イ・ソジンへの感謝を述べた。

(画像提供=TVING)『内科パク院長』

ベテラン俳優たちの共演

イ・ソジンの大変身だけではなく、ラ・ミラン、チャ・チョンファなど名俳優たちの共演にも期待が集まる。ラ・ミランは、イ・ソジンの妻であるサ・モリムを演じ、チャ・チョンファは月給泥棒を夢見るベテラン看護士チャ・ミヨンを演じる。

また、シン・ウンジョン、キム・グァンギュ、チョン・ヒョンソクは、パク院長と同じ建物で病院を運営する院長に大変身。清純な外見だが荒々しい口調の肛門外科院長ソン・ウスジ(演者シン・ウンジョン)、言動不一致な産婦人科院長チ・ミンジ(演者キム・グァンギュ)、パク院長の前では自我を曲げない泌尿器科院長チェ・ヒョンソク(演者チョン・ヒョンソク)らが作り出す、愉快なエピソードは必見だ。

そしてパク院長の内科病院に偽装就職する新米看護士チャ・ジフン(演者ソ・ボムジュン)や、パク院長夫婦の大事な息子ミング(演者チュ・ウヨン)とドング(演者キム・ガンフン)のエネルギッシュな活躍も、作品の一助となっている。

(画像提供=TVING)『内科パク院長』

愉快な「笑える」生存記!見たことのないメディカルコメディ

開業してから日の浅いパク院長と、さまざまな登場人物が交わって愉快な笑いを誘う予定だが、単に面白いだけではなく、開業医としての悩みなどが胸に染みる共感を与える。

監督は、「誇張したキャラクターが作るコメディや、現実をもとにしたドラマまで、ジャンルを行き来しながら笑いと涙ありの話が『内科パク院長』ならではの魅力。原作のパク院長を維持しながら笑いを誘うキャラクターを作った。彼らとパク院長というキャラクターとぶつかり合いながら作り出す楽しさに期待してほしい」と伝えた。

TVINGオリジナル『内科パク院長』は、1月14日から放送開始だ。

1人当たり平均7000万円を支給…所属アーティストや職員全員に、韓国芸能事務所代表の思いとは

パク・ソジュンやイ・ソジン出演のバラエティ番組、“人種差別発言”を賞賛にすり替えた疑惑で非難

『イ・サン』主演俳優イ・ソジン、株で1億ウォン以上稼いだ…電気自動車IONIQ 5のおかげ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集