BTS・J-HOPE「僕だって泣いたりイライラすることもある」GQインタビューで見せた本音【PHOTO】

2021年12月22日 話題 #写真 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)J-HOPEの特別カットとインタビューが公開された。

【注目】J-HOPE「恥ずかしかった」スランプ語る

BTSがファッションマガジン『GQ KOREA』『VOGUE KOREA』2022年1月号の表紙を飾った。

2誌のコラボで誕生した「BTSスペシャルエディション」は、『GQ KOREA』で8種類、『VOGUE KOREA』で3種類の表紙がそれぞれ制作された。

『GQ KOREA』側は12月21日、公式ホームページを通じて、2022年1月号の表紙モデルに選ばれたBTSのビジュアルとメンバーそれぞれのインタビューを公開。BTSはグローバルアンバサダーを務める「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の衣装に身を包み、圧倒的な存在感を発揮している。

普段から明るくポジティブだと言われるJ-HOPE。大変なことを聞かれると次のように答えた。

「一番大変な時は、レベルアップしようと努力する時。その時は“J-HOPE”よりも“チョン・ホソク”として考えています。“J-HOPEだから明るくてポジティブ”というのは矛盾していると思うんです。僕は人間チョン・ホソクで、憂鬱になったり、泣いたり、イライラしたりすることもあります。そうやって受け入れてからは気持ちが楽になりました」。

(写真=GQ KOREA)J-HOPE

この8年間、“J-HOPE”ではなく“チョン・ホソク”で得たものは何かという質問に「僕は“チョン・ホソク”がどんな人なのか知りませんでした。“J-HOPE”としてデビューして、“J-HOPE”という時間を過ごしながら、チョン・ホソクという人間性にむしろ気づいたんです。ある意味冷静で、冷たい時もあり、そんな部分を自ら見ながら“チョン・ホソクはこういう人だったのか”と改めて実感しました」と明かしている。

未来を想像する時、期待と恐れ、どちらの感情の方が大きいかという質問には「最近は毎日考えが変わります。嬉しくても急に憂鬱になって、感情が数え切れないほど行ったり来たりしています。この前までは多くのことに恐れ、どうやって乗り切ればいいか考えていましたが、止まった時間がやっと動き出して、最近はまたときめいてます。なのでときめきの方が大きいですね」と述べた。

(写真=GQ KOREA)J-HOPE

J-HOPEの特別カットとインタビュー全編は、『GQ KOREA』2022年1月号と公式ホームページで見ることができる。

◇J-HOPE プロフィール

1994年2月18日生まれ。本名チョン・ホソク。2010年にBig Hitエンターテインメント(現HYBE)の練習生となり、2013年にBTSのメンバーとしてデビューした。グループ内ではメインダンサーとリードラッパーを担当しており、ムードメーカー的存在としても知られている。活動名である「J-HOPE」は、名字であるチョン(英:Jeong)の頭文字の“J”と、希望を意味する英単語の“Hope”を掛け合わせたものであり、「パンドラの箱を開けると底には『希望』だけが残った」というギリシャ神話に由来している。

【写真】「最高」BTS“舌ペロSHOTでファン悩殺”

【画像】BTS、毛穴が見えそうな“ドアップ写真”に大反響「本人がいるみたい」

【画像】JIN、くるくるパーマにそばかすメイク!“意外なイメチェン姿”に注目「心をハッキングされた」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集