元BIGBANGのV.I、まさかの拘束令状“棄却”。「トカゲの尻尾切りに過ぎない」というが…

2019年05月15日 話題 #V.Iスキャンダル
このエントリーをはてなブックマークに追加

警察癒着疑惑、麻薬流通の可能性、脱税疑惑など、「バーニングサン事件」はまさに、あらゆる社会悪の“完全体”であった。

今回の結果に対して、世間からは「バーニングサン事件は“トカゲの尻尾切り”に過ぎず、“胴体”であるV.Iは法の審判を避けている」との指摘が相次いでいる。

昨年11月にバーニングサンで暴行を受け、まさに今回の騒動のきっかけとなったキム・サンギョ氏もSNSを通じて「バーニングサン事件が棄却。大韓民国の現実。国がなくなったようだ」と伝え、「歴史を忘れた民族に未来はない」と記された画像を掲載している。

V.Iに対する令状棄却によって、バーニングサン事件の捜査は加速するどころかブレーキがかかっている状況だ。

警察は現在、V.Iに対する拘束令状の再申請を検討している。

前へ

2 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事