ドラマ『絶対彼氏。』韓国版リメイク、原作者の渡瀬悠宇も期待示す【インタビュー】

2019年05月13日 話題 #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『絶対彼氏。』の韓国リメイク版の放送を控え、原作者である漫画家・渡瀬悠宇が応援のメッセージを伝えた。

5月15日に放送開始される韓国版『絶対彼氏』(原題、SBS)は、恋人型「彼」と、恋愛による心の傷を持つ「彼女」が繰り広げるラブコメ作品だ。

『となりの美男』『イケメンラーメン店』などラブコメで定評があるチョン・ジョンファ監督と、ミュージカルや映画、ウェブトゥーンなど幅広いジャンルで活躍するヤン・ヒョクムン脚本家が意気投合。

キャストには俳優ヨ・ジング、Girl's Dayのミナ、ホン・ジョンヒョンなどの若手人気俳優が集合し、期待を高めている。

今回、韓国リメイク版の放送に先立って原作者・渡瀬悠宇氏に話を聞いた。

(写真提供=SBS『絶対彼氏』)

―普段、韓国ドラマには興味を持っているか。

「壮観な韓国時代劇がとても好きだ。日本版のブルーレイBOXをいくつか持っているくらい。最も好きな作品? ちょっと古いけど『許浚』だ」

―『絶対彼氏。』が韓国でリメイクされると聞いて、何を思ったか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事