「50代?10代の間違えじゃ」韓国屈指の“グラマラス女優”キム・ヘス、年齢を感じさせない童顔ビジュ【PHOTO】

2021年11月26日 話題 #写真 #女優
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国屈指のトップ女優キム・ヘスの近況が話題になっている。

【写真】ファンが驚愕したキム・ヘスの「すっぴん」

キム・ヘスは11月25日、自身のインスタグラムに1枚の写真を投稿した。

写真には、控え室にいるドアップのキム・ヘスのが写っている。

大きくくっきりとした二重に赤みを帯びた唇、雪のように白い肌が目を引く。切りそろえられた前髪があどけない印象を与え、51歳とは思えない“童顔美貌”を誇っている。

この投稿を目にしたファンからは「女神」「50代?10代の間違えじゃないですか?」「本当にお美しい」「さすがヘス様」といった称賛の声が続々と寄せられている。

(写真=キム・ヘスInstagram)

キム・ヘスは最近、Netflixの新オリジナルシリーズ『少年審判』(原題)への出演を知らせた。

また、リュ・スンワン監督の新作映画『密輸』にも出演する。

◇キム・ヘス プロフィール

1970年9月5日生まれ。韓国・釜山出身。中学3年生のときにCMモデルをはじめ、1986年に映画デビュー。以降、映画やドラマで数々の賞を受賞。1999年に主演したドラマ『グッキ』は、2006年に日本のNHK-BS2でも放映されたことも。主な出演作にドラマ『オフィスの女王』『シグナル』、映画『10人の泥棒たち』『コインロッカーの女』『修羅の華』『国家が破産する日』など。2020年のドラマ『ハイエナ -弁護士たちの生存ゲーム-』で俳優チュ・ジフンと共演した。

「本当に50歳?」韓国屈指の“グラマラス女優”キム・ヘス、輝く美貌にファン「上品で華やか!」【PHOTO】

『パラサイト』の家政婦を怪演したイ・ジョンウン、Netflix 新作でキム・ヘスと共演へ

映画『私が死んだ日』主演キム・ヘス、「自分には喧嘩を売らない」生き方とは【インタビュー】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集