韓流スターと女子ブロゴルファー夫婦に待望の女児誕生!「母に娘は必要」

2021年10月27日 話題 #韓流熱愛
このエントリーをはてなブックマークに追加

「母には娘が必要だ」と語っていた夫婦がついに夢を叶えた。俳優のチョ・ヒョンジェと女子プロゴルファーのパク・ミンジョン夫婦のことだ。

チョ・ヒョンジェは『大望』『薯童謠』『帝王の娘スベクヒャン』といった韓国時代劇ドラマに多数主演してきた人気俳優。最近では、『ヨンパリ~君に愛を届けたい~』『病院船~ずっと君のそばに~』『仮面の秘密』といったドラマに出演している。

そのチョ・ヒョンジェの所属事務所であるアセンディオは10月27日、公式報道資料を通じて、「俳優のチョ・ヒョンジェ、女子プロゴルファーのパク・ミンジョン夫婦についてお知らせいたします。 妻のパク・ミンジョンさんは本日午前、ソウル市内の病院で3kgの健康な女の子を出産しました」と発表した。

【関連】「オッパ、会いたい」イ・ボミが夫との“ラブラブ新婚旅行”写真を公開して話題【PHOTO】

(写真提供=デュオウェード)

さらに、「母子ともに健康で、パク・ミンジョンさんは現在チョ・ヒョンジェさんの世話の中で安静を保っています。2児の父となったチョ・ヒョンジェさんをはじめ、家族全員が大切なお命を迎えられて喜んでおり、多くの方々に感謝の気持ちを伝えております」とした。

ゴルフという共通点で結ばれた2人は5年間の熱愛の末、2018年3月に結婚式を挙げた。同年11月に息子を出産し、今回3年ぶりに娘を授かり、1男1女の両親となった。

2人はSBSドラマ『同床異夢2-君は私の運命』で共演。その後、今年1月に久しぶりにテレビ番組に出演し、「2番目は娘がほしい」と明かし、「3月に妊娠を計画している」というニュースを伝えたこともあるが、本当に女の子を授かり、願いを叶えることができた。

当時パク・ミンジョンは「母には娘が必要だ。娘を産むには夫を苦しめなければならないと聞いた」とし、チョ・ヒョンジェに息子を背負ってアパートの階段を上がる特訓を注文し、笑いを誘った。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集