【韓流タイムズ】7500人に集計!! アジア各国別で最も人気の韓流スターは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国国際交流振興院が昨年末、全世界16カ国の韓流コンテンツ経験者7500人を対象にオンライン・アンケート調査した『2019海外韓流の実態調査』によると、「BTS」と「イ・ミンホ」が一番好きな歌手、俳優であることが明らかになった。

BTSはアジア圏よりも北米や欧州、豪州、南米で圧倒的な人気を見せていて、現在社会服務要員として服務中の俳優イ・ミンホは、日本と台湾を除いた14カ国で1位の人気だった。

全世界的に最も好まれている歌手はBTS(10.3%)、PSY(6.9%)、BLACKPINK(3.8%)、BIGBANG(2.5%)、EXO(2.3%)の順だった。

(関連記事:【韓流タイムズ】はじまりはBTSか。各種データが物語る“韓流”世界席巻の真実とは?

俳優はイ・ミンホが8.6%の支持で1位になったなか、ソン・ヘギョとコン・ユが並んで2位(2.4%)、ソン・ジュンギ(2.1%)、イ・ジョンソク(1.9%)が後に続いた。

イ・ミンホ

韓流の最大の消費市場だったが、2016年にTHAADの影響で急激に関係が萎縮されていた中国内の韓流人気は、昨年から復活の兆しを見せている。

中国の歌手部門では、BIGBANGとEXOが9.4%の支持で同率1位となり、少女時代(7.2%)が3位になった。BTSは6位(6.4%)だった。

俳優だが歌手としても活動したイ・ミンホが、俳優部門1位(8.2%)および歌手部門5位(4.4%)に上がったことが目を引く。イ・ミンホとドラマ『青い海の伝説』で呼吸を合わせたチョン・ジヒョン(8.0%)が僅差で俳優部門2位を、『太陽の末裔』のソン・ヘギョ(7.2%)とソン・ジュンギ(6.6%)がそれぞれ3、4位だった。

日本では歌手部門と俳優部門で対照的な結果に

2000年代序盤の韓流ブームの震源地だった日本では、日韓両国の政治外交的葛藤から端を発した“嫌韓流”の最中であっても、韓流ファンが10万人台から30万人台になるなど爆発的に増えたという。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事