【韓流タイムズ】はじまりはBTSか。各種データが物語る“韓流”世界席巻の真実とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代初めに放送されたドラマ『冬のソナタ』『宮廷女官チャングムの誓い』で本格的に火が付いた韓流ブーム。その後も歌手PSYの楽曲『江南スタイル』が世界中で大ヒットしたことをきっかけに、“韓流”はドラマだけにとどまらずファッション、ビューティー、フードといった多様な分野で関心を持たれるようになった。

そうして現在は、韓国ドラマはもちろんK-POP、さらには韓国バラエティまでもが大きな注目を集めるように。韓流は世界中の大衆文化の中で “持続的な主流トレンド”として位置づけられている。

韓国に対するイメージと韓国商品に対する好感度がアジア、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカなどで高まったことをきっかけに、韓流は経済、政治、外交的にも波及効果をもたらすようになった。まさに韓流ブームは、現代の韓国社会にとって新たな成長の原動力となった。

韓国国際交流財団(韓国の公共外交専門機関、イ・シヒョン理事長)から発行された『2018地球村 韓流現況』によると、韓流コンテンツの中でも音楽、ドラマ、フード、eスポーツ(電子機器を用いて行う娯楽や競技のこと)といった分野の同好会は全世界に1843団体。会員数は計8919万人に上り、これは韓国の人口の約2倍だ。

韓流市場の経済的価値も2010年に7兆ウォン(約7000億円)、2015年に19兆8000億ウォン(約1兆9800億円)と年々上昇し続け、2020年には57兆ウォン(約5兆7000億円)にまで拡大する見通しだ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、2019年の信念記者会見で韓流文化の繁栄について言及している。

「世界の人々がBTSをはじめ、K-POPやドラマなどの韓流文化に熱狂している。まさに韓国文化の底力。我が国の文化が未来産業につながるように尽力する」

また、現代の韓流ブームに拍車をかけるように、今年度から韓国初の“韓流文化大学院”が京畿(キョンギ)大学校に開設される。韓国内外から集まった多くの学生たちが実際の事例を中心に、体系的かつ学問的に韓流を分析する予定だ。

BTSが韓流ブームを牽引した?

ゲームとK-POPが韓流文化を牽引した2018年は、韓流史上最高の黒字を記録した。韓国銀行経済統計システムによると去る3月2日、昨年の国際収支で韓流関連のものは24億3000万ドル(約2600億円)の黒字を叩き出し、前年よりも73%上昇した。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事