IZ*ONE出身の宮脇咲良、「いつもと違う」モードすぎる近況が話題「ギャップすご!」【PHOTO】

2021年07月28日 話題 #写真 #IZ*ONE
このエントリーをはてなブックマークに追加

IZ*ONE出身の宮脇咲良が普段と異なる魅力を発散した。

【写真】宮脇咲良が“この自分一番カワイイ”と自画自賛した写真は?

宮脇咲良は7月28日、自身のインスタグラムに「装苑発売です。かなり作り込まれた世界観でとても楽しい撮影でした!ぜひチェックしてください!」と綴り複数枚の写真を投稿。 自身の特別カットが掲載された雑誌を宣伝した。

投稿された写真には、撮影現場での宮脇咲良の姿が写っている。

火照ったような赤いチークと唇、ビビットなピンクアイシャドウなど、メイクも普段に比べてモードな印象。巨大な花のセットに囲まれ、ポーズを取る姿は幻想的な雰囲気を纏っている。

この投稿にファンからは「個性的な雰囲気も似合う」「いつもと違うけど、これも可愛いね」「買ってチェックします!」「ギャップすご!」といった反応が寄せられた。

4月にIZ*ONEでの活動が終了し6月にHKT48も卒業した宮脇咲良。今後の彼女の活動に注目が集まっている。

(写真=宮脇咲良Instagram)

◇宮脇咲良 プロフィール

1998年3月19日生まれ。鹿児島県出身。ミュージカル好きな母の影響で小学3年生のときに鹿児島市内のミュージカルスクールに通い始め、その後子役として劇団四季の『ライオン・キング』福岡公演に出演した。2011年にHKT48の1期生オーディションに合格し、翌年に正規メンバー16人の1人に抜擢。2014年にAKB48との兼任が発表され、数々のヒット曲に参戦した。『希望的リフレイン』では渡辺麻友と共にダブルセンターを務めるなど、両グループで人気メンバーとして活躍した。 その後、2018年8月に放送された韓国Mnetのオーディション番組『PRODUCE 48』を通じて、IZ*ONEとしてデビュー。同じく48グループ出身の矢吹奈子(HKT48)、本田仁美(AKB48チーム8)と共に日本人メンバーとして大きな人気を博している。テレビ番組などを通じてたびたびプロ意識の高さを見せ、気配り上手であることも相まってファンの間では「宮脇プロ」と呼ばれるほど。一方で、運動音痴な一面も。バラエティ企画などで見せる親しみやすい魅力もまた、ファンの心を掴んでいる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集