女性アイドルへのセクハラ議論で曲取り下げの歌手、米ヒップホップチャートに唯一の韓国人に

2021年06月10日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手のRAVIが世界を舞台に活躍を見せている。

6月3日にリリースされたラビの4thミニアルバム『ROSES』は、米iTunesヒップホップチャートで30位に入り、世界的な人気を誇った。

【関連】セクハラ歌詞、どんな歌詞?

RAVIは今回のチャートで、唯一の韓国人アーティストとして名を連ねた。特に、2019年以降でアメリカのiTunesヒップホップチャートに名を連ねた韓国人アーティストはいなかったという点で、彼の成果は注目に値する。

これに先立ち、米経済誌Forbesは「6月発売が最も期待されるK-POPソロアーティスト」とし、『ROSES』をピックアップしていた。

(写真提供=GROOVL1N)RAVI

そしてこの期待に応えるかのように、『ROSES』はリリースされた途端シンガポールをはじめマレーシア、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナムといった海外6カ国のiTunes K-POPアルバムチャートでベスト10にランクインし、好成績を収めている。

またダブルタイトル曲の『CARDIGAN(feat.Wonstein)』と『ROSES』は、韓国の主要音楽サイトでもランクインするなど、国内外のヒップホップファンから熱い反応を得ている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集