俳優ユ・スンホ、最新カットで鍛え上げた体を披露「筋トレで自信ついた」【PHOTO】

2021年04月26日 話題 #写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

子役出身の俳優ユ・スンホが、最新ビジュアルで大人びた魅力を発散した。 

【関連】ユ・スンホ、“小太り疑惑”についてコメント「僕も分かってます…」

男性ファッションマガジン『GQ KOREA』は最近、ユ・スンホの特別カットを公開。公開された写真には、ユ・スンホが一段と大人びた姿を披露し、ファンを喜ばせている。 

従来の柔らかくてダンディーなイメージとは一変、鍛えられたフィジカルでタフな雰囲気を醸し出しながら視線を惹きつけた。

同誌のインタビューでは、考えた深まってきたことを感じさせた。

「子どもの頃から太らないのがコンプレックスでした。ところが昨年、ドラマ『メモリスト』を終えてから一生懸命筋トレをすると、体に筋肉がついて少しずつ変わるのが目に見えました。努力すれば僕もできる、ということに気づきました。だから自信もついて、考え方もポジティブに変わったんです」

「今年29歳(数え年)になった」というユ・スンホは、「筋トレを通じて自信がついたせいか、新しいチャレンジに心を開いています。従来の枠から離れて新しいことを徐々に試みようと思います」と述べ、今後の活動に期待感を高めた。 

ユ・スンホの撮影カットとインタビューは『GQ KOREA』5月号および公式サイトに掲載されている。

(写真=GQ KOREA)

◇ユ・スンホ プロフィール

1993年8月17日生まれ。StoryJCompany所属。2000年、ドラマ『カシゴギ』(原題)で子役デビュー。2002年に韓国公開された主演映画『おばあちゃんの家』で一躍子役スターとなり、『悲しき恋歌』『王と私』『太王四神記』『善徳女王』など、数多くの映画やドラマに出演した。20歳になった2013年3月に現役入隊し、兵役問題を早々に解決。除隊後に映画『朝鮮魔術師』で芸能活動を再開、ドラマ『仮面の王』『ロボットじゃない~君に夢中!~』『ボクスが帰ってきた』などで主演を務めている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集