Wanna One出身パク・ジフン、次回作は青春キャンパスラブ! 容姿端麗な新入生役に期待

2021年03月09日 話題 #Wanna One
このエントリーをはてなブックマークに追加

Wanna One出身のパク・ジフンが、新たなドラマ作品で視聴者を魅了する。

【写真】実は「時代劇子役」だったパク・ジフン

来る6月に編成が確定した『遠くから見ると青い春』(原題)は、爽やかな青春を詰め込んだキャンパスロマンスドラマで、韓国のポータルサイトDAUM WEBTOONに掲載中のWEBマンガを原作としている。

パク・ジフンは劇中、容姿に恵まれ裕福な環境で育った「善良な新入生」ヨジュンを演じる。前作の『恋愛革命』で愛嬌のある少年コン・ジュヨンを見事に演じただけに、早くも期待が高まっている状況だ。

今回のキャスティングについてパク・ジフンは、「20代の物語ということもあって、共感しながら楽しく台本を読んだ。ヨジュンは二面性を表現しなければいけないキャラクターなので、たくさん試行錯誤して努力しなければならないようだ。最善を尽くして準備しているので、注目していてほしい」と語っている。

前作『恋愛革命』より(写真提供=カカオM)

◇パク・ジフン プロフィール

1999年5月29日生まれ。韓国・馬山(マサン)出身。2017年に韓国Mnetのオーディション番組『PRODUCE 101』シーズン2に出演し、Wanna Oneのメンバーとしてデビュー。2019年のWanna One解散後、1stミニアルバム『O'CLOCK』でソロデビューを果たした。歌手の傍ら俳優業にも力を注ぎ、2019年にはJTBCドラマ『コッパダン:朝鮮婚談工作所』に出演した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集