映画『お嬢さん』の女優キム・ミニがホン・サンス監督との“絆”をさらに深める…2人の変化とは?

2021年03月04日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優キム・ミニがホン・サンス監督との絆をさらに深めている。愛だけでなく、仕事のパートナーとしてもだ。

【注目】女優キム・ミニとホン・サンス監督は不倫関係?

第71回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品された映画『Introduction』が3月2日(現地時間)、世界で初めて公開された。

ホン・サンス監督の25作品目となる『Introduction』は、青年ヨンホが3つの段落を通じて、それぞれ父、恋人、母を探す過程を描いた映画だ。ホン・サンス監督の作品にキム・ミニが出演するのは、今回が8作品目となる。

興味深いのは、彼女の役割だ。今回の映画では主演ではなく助演となっており、さらに制作にもかかわっている。

ホン・サンス監督(左)と女優キム・ミニ

キム・ミニは『Introduction』で、現場プロデューサーといえる制作チーム長を務めた。ベルリン国際映画祭の公式ホームページでも、キム・ミニが同映画の「Production Manager」と紹介された。

初公開された『Introduction』は、海外メディアから好評を得ている。

『Introduction』

ホン・サンス監督とキム・ミニは、映画『正しい日 間違えた日』を通じて恋愛関係に発展。2人は2017年3月、映画『夜の浜辺でひとり』のメディア試写会で「私たちは愛し合っている仲」と明かし、不倫関係であることを認めた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集