俳優ヒョンビンが「2020 APAN」大賞受賞。“恋人”ソン・イェジンについて言及「この場を借りて…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月23日に開催された「2020 APAN STAR AWARDS」で、俳優ヒョンビンが大賞を受賞した。

【関連】“北朝鮮のエリート刑事” ヒョンビンが帰ってくる!映画『共助2』2月にクランクイン

昨年、ソン・イェジンと共演したドラマ『愛の不時着』で自身の代表作を更新したヒョンビン。受賞スピーチでは「今年をさらに素敵に過ごしていきたいと思う。去年、そしてこの瞬間までも『愛の不時着』を通じて多くの愛情を寄せられているようだ。視聴してくださった皆さんに心から感謝を申し上げる」と、感想を述べた。

また、相手役だったソン・イェジンについても言及。

「一緒に演じた同僚俳優たちにも感謝する。皆さんとご一緒できて光栄だった。最後に、リ・ジョンヒョクにとって最高のパートナー、ユン・セリ、ソン・イェジンさんにも感謝する。うまく作り上げたユン・セリというキャラクターのおかげで、リ・ジョンヒョクがよりカッコよく生かされたと思う。この場を借りて感謝の言葉を伝える」

(写真提供=「2020 APAN AWARDS」組織委員会)

「2020 APAN STAR AWARDS」は、俳優が中心となる授賞式。今年のドラマ賞は『梨泰院クラス』、男子最優秀演技賞(ミニシリーズ部門)は『椿の花咲く頃』のカン・ハヌル、女性最優秀演技賞(ミニシリーズ部門)は『アリス』(原題)のキム・ヒソンが受賞した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集