『Sweet Home』“バレエ少女役”コ・ミンシ、最新ビジュアルで新しい魅力発揮!【PHOTO】

2021年01月19日 話題 #写真 #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優コ・ミンシが、雑誌の最新カットで新しい魅力を放った。

【関連】『Sweet Home』制作発表会で主演が大胆発言!?

ファッション誌『Esquire Korea』2月号に登場したコ・ミンシは、さまざまなコンセプトの衣装を着こなしながら新しい姿を披露している。

Netflixオリジナルシリーズ『Sweet Home -俺と世界の絶望-』では、バレエをやめた反動でひねくれた思春期の女子高生イ・ウニュ役を演じたコ・ミンシ。

出演が決まる前にすでに原作ウェブ漫画をすべて読んでいたという彼女は、「ウェブ漫画のウニュと、ドラマのウニュはかなり違う」とし、「台本をいただいた時は理解できない部分もあったが、後半部に入ってウニュが成長中であることを感じられた。ウニュが抱いているさまざまな感情を細かく表現しながら“成長キャラクター”という点を表現した」と撮影を振り返っている。

これまで10代を演じることが多かった彼女は、「童顔だと褒めていただくのはありがたい」と言いながらも、「自分では限界を破って大人びた姿をお見せしたい気持ちが大きい」と述べる。

(写真=Esquire Korea)

実際の学生時代について聞かれると、「平凡だったけど、現実的なほうだった。昔から役者を夢みたけど、どんな職業が儲かるのかを考えた。高校卒業前に社会人になったのも、そういう影響があったから」と答えた。

勤めていた職場をやめて、本来の夢である役者の道を歩くことになった過程を詳しく語った彼女は、「ここまで走ってきて本当に良かったと思う」という。

「良い作品で魅力的なキャラクターを演じる時が最も心が楽になる。多くの人の人生の1ページに私がいたらいいなと思う。(みんなの)“人生俳優”になりたい」

コ・ミンシは、2017年のドラマ『猟奇的な彼女』でデビュー以来、2018年の映画『The Witch/魔女』で主人公の親友役で注目を集めた。そしてNetflixオリジナルシリーズ『恋するアプリ Love Alarm』『Sweet Home -俺と世界の絶望-』を通じて次世代ライジングスターに浮上した。

(写真=Esquire Korea)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集